« (有)室蘭鉄工所[室蘭市] | トップページ | (株)建装工務店[札幌市] »

1978年3月20日 (月)

新日本海開発興業(株)[小樽市]

二度目の不渡り出す ゴルフ場の新日本海開発

【小樽】後志管内余市町でゴルフ場を経営する新日本海開発興業株式会社(本社・小樽市色内一ノ九ノ一、山北南社長、資本金一億一千五百万円)が二十日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。これまでに道内のゴルフ場では、コース造成中に倒産したケースはあるが、オープンしてから倒産したのはこれが初めて。負債総額は約十二億円。

民間の信用調査機関・東京商工リサーチ小樽支店の調べによると、同社は四十七年四月に設立。余市町登町に、新日本海カントリークラブ余市コースの名称で、四十九年六月、まず九ホールだけで仮オープン、五十年六月に全十八ホールがオープンした。

コース造成中に集中豪雨による鉄砲水が出たり、芝育成が遅れたりして、当初計画よりオープンが一年遅れたため、会員を追加募集したが、ゴルフブームが一段落した時期にぶつかって思うように集まらなかったのがつまずきの発端。その後もシーズンピークの夏季間に国道の交通渋滞もあって利用者が伸びず、昨シーズンは、損益分岐点を三千五百万円も下回る一万五千人の利用しかなかった。

負債は、銀行債務、工事代金延べ払い、一般未払いと会員預託金で、二月二十八日に一回目の不渡りを出した。会員は小樽市内の七百人をはじめ、札幌、後志、道外など合わせて千五百人に上り、預託金総額は、六億五千万円。余市町内のゴルフ愛好家などが中心になって、今後、別事業体で同ゴルフ場を運営しようという動きもあるが、実現するかどうかの見通しはなく、場合によっては会員権の処理などをめぐってトラブルも考えられる。

山北社長は「メンバーの有力者たちが今後の再建を検討しており、会員には迷惑をかけない」と話している。

北海道新聞
1978/03/21
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« (有)室蘭鉄工所[室蘭市] | トップページ | (株)建装工務店[札幌市] »

03 後志」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/37724546

この記事へのトラックバック一覧です: 新日本海開発興業(株)[小樽市]:

« (有)室蘭鉄工所[室蘭市] | トップページ | (株)建装工務店[札幌市] »