« 1977年9月 | トップページ | 1977年11月 »

1977年10月

1977年10月31日 (月)

宮坂商事(株)[帯広市]

宮坂商事(帯広)が倒産 負債総額は22―25億円

【帯広】建材、飼料販売の宮坂商事(本社・帯広市、資本金二千万円)が行き詰まり、十月三十一日、会社更生法適用を釧路地裁帯広支部に申請、同日夕、財産保全命令が出され、事実上倒産した。民間信用調査機関によると負債総額は、十勝管内では最高の二十二―二十五億円に上ると見られ、地元経済界にショックを与えている。

東京商工リサーチ帯広支店の調べでは、同社は市内大手の宮坂建設工業の傍系企業で三十八年六月に有限会社として設立され、不動産賃貸、損保代理業を始めた。四十四年、十勝管内上士幌町、糠平温泉のホテルを買収し同年、株式会社に改組、四十七年ごろから本格的に建材、飼料、食品販売を手がけ、宮坂建設の“資材窓口”的な存在から脱皮して、五十一年三月期は十七億円の売り上げだった。今年九月には社長が宮坂建設工業会長から専務に交代、現在、宮坂建設工業は役員が個人として出資しているものの、会社としての資本的関係はない。

業績自体は順調だったようだが、信用調査機関の見方では、融手など取引先への援助が増大、その中の会社が最近不渡り手形を出すなどして結果的に同社自身の信用不安をもたらしたのが行き詰まりの原因らしい。

負債額は東京商工リサーチ帯広支店によると二十五億円、帝国興信所帯広支店によると二十二億円程度で、十勝管内では四十七年の財団法人・北海道医療団の十五億円を上回り、史上最高。このため連鎖倒産が出ることは必至と見られている。

北海道新聞
1977/11/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1977年10月19日 (水)

湯谷豊製材(株)[札幌市]

破産宣告(昭和52年(フ)第30号)

湯谷豊製材(株)(札幌市豊平区豊平5条8丁目70番地)は10月19日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は宮永廣弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和52年11月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和52年12月20日午後1時。

1977/10/26
札幌地方裁判所第四部

1977年10月 6日 (木)

(有)金宝彫金技術研究所[札幌市]

破産宣告(昭和52年(フ)第26号)

(有)金宝彫金技術研究所(札幌市中央区南2条東2丁目11番地)は10月6日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は郷路征記弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和52年10月29日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和52年11月28日午後1時。

1977/10/26
札幌地方裁判所第四部

1977年10月 5日 (水)

旗矢鉄鋼産業(株)[帯広市]

旗矢鉄鋼産業行き詰まる 更生法適用を申請

鋼材販売の帯広市西一〇南一二、旗矢鉄鋼産業(東信造社長、資本金二千万円)は経営に行き詰まり五日、釧路地裁帯広支部に会社更生法適用を申請、同日財産保全命令が出された。東京商工リサーチ帯広支店の調べによると、負債額は二億四千万円余。

同社は二十二年に創業。年商五億五千万円余で業績内容は必ずしも悪くなかったが、最近、取引先の不良債権を抱え五日の手形決済の見通しがたたなくなかった。

北海道新聞
1977/10/07
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1977年10月 1日 (土)

興和産業(株)[江別市]

興和産業(江別)が破産 負債13億

産業機器設備の興和産業(江別市緑町東二ノ五四、藤田興一代表、資本金四千三百七十万円)は一日、札幌地裁に破産の申し立てをするとともに五日、従業員八十八人に解雇を通告した。民間の信用調査機関、帝国興信所札幌支店によると、負債総額は十三億円に達する見込み。

同社は昭和三十四年に設立、本社工場、王子製紙江別工場内、釧路市に作業所を設け、製紙工場の設備工事をしており、ピークの四十九年には完工高十八億円を計上したが、不況による受注不振で五十年以降、ジリ貧をたどり、累積欠損を抱え行き詰まった。

北海道新聞
1977/10/07
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1977年9月 | トップページ | 1977年11月 »