« (株)札幌金物[札幌市] | トップページ | (株)サッポロ・モリタ[札幌市] »

1977年2月25日 (金)

拓住建設(株)[札幌市]

負債総額22億円も 拓住建設、事実上の倒産 札幌

札幌市内の大手宅地造成・分譲、住宅建売業者・拓住建設(同市豊平区豊平三条九丁目、資本金二億三千万円)は、石狩管内当別町内で予定していた大規模な宅地造成のつまずきなどから経営が悪化し、二日の手形決済を前に二月二十五日、札幌地裁に対して和議手続き開始の申し立てを行い、事実上倒産した。同地裁は二日中にも同社に対する財産保全命令を下すものとみられるが、負債総額は昨年末倒産した北欧土地開発(本社・札幌)の二十一億円を上回る二十二億円に達し、道内では今年初の“大型倒産”となった。

東京商工リサーチ道支社の調べによると、拓住建設は、同市南東部の清田一帯の土地開発を手がけた業者の後を継ぎ昭和四十一年に設立。その後も清田の宅地開発を続ける一方、同市内の東月寒、手稲にも事業の輪を広げ、住宅建設ラッシュの波に乗った四十九年三月期には年商三十五億円を超していた。

しかし、その後の不動産ブームの冷え込みで昨年は年商三十億円まで落ちたのに加え、(1)昨春着工を予定していた当別町内の七十五万坪(約二百五十ヘクタール)に及ぶ宅地造成が道、同町の造成許可が得られず大きく目算が狂った(2)昨年十月、同社が八千万円の前渡金を支払い、一億五千万円の銀行保証を引き受けていた下請け会社が倒産した―ことから信用不安が広がり今回の事態となった。

関係者の話によると、宅地分譲で一口十万円の“手付金”を払い込み済みのケースが五、六十口あり、これらの人たちへの影響が心配されているが、同社としては特別債権として取り扱い、優先弁済で一般ユーザーへの影響は極力抑えたい、としている。

北沢社長の話

 当別の宅地造成計画の狂いが致命的だった。この夏までには着工したかったのだが…。

北海道新聞
1977/03/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« (株)札幌金物[札幌市] | トップページ | (株)サッポロ・モリタ[札幌市] »

0050 札幌市豊平区」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/37938514

この記事へのトラックバック一覧です: 拓住建設(株)[札幌市]:

« (株)札幌金物[札幌市] | トップページ | (株)サッポロ・モリタ[札幌市] »