« 1976年5月 | トップページ | 1976年7月 »

1976年6月

1976年6月30日 (水)

(有)丸幸北海物産商会[札幌市]

二回目の不渡り

農産物販売の丸幸北海物産商会(札幌市東区北7条東5丁目)は5月31日と6月30日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は6000万円内外とみられる。

前年度は輸入キャベツを扱ったが値下がりで失敗、更に本年度は取引先とのトラブルなどで不渡りを出した。

東京商工リサーチ
1976/07/19
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)シルバースキー製作所[札幌市]

二回目の不渡り

家具製作のシルバースキー製作所(札幌市南区石山220番地)は6月18日と30日、不渡りを出した。負債総額は2500万円内外の見込み。

代表者はほとんど出社しなかったため従業員のみで創業していたところ、判断に迷う小切手などを振出して代表者は姿を消し、不渡りを出した。

東京商工リサーチ
1976/07/19
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)遠藤鉄工所[小樽市]

赤字累積し金策に詰まる

鉄工場の遠藤鉄工所(小樽市末広町2番1号)は6月30日、不渡りを出し一部機械、資材を引き揚げられた。負債総額は3億5000万円内外とみられる。

47年の工場新築以来、設備負担から資金面は苦しく多忙化していた。12日には高額債権者との話し合いで一時金で大半の再建は切り捨てることになったが、その資金が調達できず、その中に代表者は上京し、24日以降消息を絶ち、不渡りの発生となった。

東京商工リサーチ
1976/07/05
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年6月28日 (月)

(株)札幌シラカワ[札幌市]

内装工事部門の無理受注で焦げ付きかさむ

家具販売の札幌シラカワ(札幌市中央区南2条東5丁目)は6月25日と28日、不渡りを出して破綻が表面化した。負債総額は2億円内外とみられる。

家具卸を主体に稼動したが、業界の競合が激しく、内装工事に注力したが対象が弱小企業が多かったため不良債権が相次ぎ資金操作を圧迫、融手、高利資金を倒産への規定コースに入り今次事態となった。

東京商工リサーチ
1976/07/12
http://www.tsr-net.co.jp/

東進興業(株)[旭川市]

受注不振、資力弱体で意欲喪失か

土木工事の東進興業(旭川市神居1条9丁目)は5月31日と6月18日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は6000万円内外。

資力が弱体の中に重機類の設備をしているものの、受注量がこれに伴わず行き詰まった。不渡りと同時に重機類は返却しており、先行きの見通しは立っていない。

東京商工リサーチ
1976/06/28
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年6月25日 (金)

(株)北興工務店[札幌市]

二回目の不渡り

建築工事の北興工務店(札幌市東区北46条東8丁目)は3月25日と6月25日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は4000万円内外の見込み。

第1回不渡り発生後、債権者会議で仕入債務を一時棚上げとなった。しかし一部の債権者とトラブルが発生して第2回不渡りを出した。

東京商工リサーチ
1976/07/19
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)旭秀機械[札幌市]

二回目の不渡り

クリーニング機械販売の旭秀機械(札幌市豊平区旭町2丁目)は5月20日と6月25日、不渡りを出した。現在事務所は閉鎖されている負債総額は3000万円内外の見込み。

本年春頃より化粧品の販売も手がけていたが、これに資金が流出した様子。

東京商工リサーチ
1976/07/19
http://www.tsr-net.co.jp/

林産業(株)[札幌市]

焦げ付き債権の累積と受注出遅れ

土木工事の林産業(札幌市東区北23条東4丁目)は5月31日と6月25日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は7000万円内外。

稼働先の弱体から焦げ付き債権が相次いだことと、今年度に入り工事発注の出遅れで資金操作に詰まり、第1回の不渡り後、各債権者の参集を求めて協力を要請、再検索を検討中のところ一部債権者の足並みが乱れて第2回不渡り発生となった。

東京商工リサーチ
1976/07/12
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)道機械製作所[旭川市]

受注低迷で不渡り

木工機械製作の道機械製作所(旭川市3条通20丁目右5号)は6月6日と25日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は5000万円内外。

業歴は浅く取引基盤は不安定で、49年には多額の不良債権が発生、以後資金事情は悪化し、新製品開発にも失敗して悪因が重なり、最近の受注低迷から遂に行き詰まった。

東京商工リサーチ
1976/07/05
http://www.tsr-net.co.jp/

サンソー物産(株)[札幌市]

子会社北央サン・ホーソも

包装資材・石油製品卸のサンソー物産(札幌市北区北14条西4丁目)は6月10日と25日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。

経営は社長のワンマンで、経理、営業、金融の全般を掌握していたが、社長の不在で残留社員では内容が把握できず、不渡りを出した。子会社も不渡りを出したが営業は続行中である。

東京商工リサーチ
1976/07/05
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年6月24日 (木)

睦建設(株)[旭川市]

管理面ズサンで一部高利資金流用

土木工事の睦建設(旭川市東光6条5丁目)は5月4日と6月24日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億5000万円内外。

管理面がズサンなところから昨年春頃から警戒視する向きもあり、一部取引金融機関、元請先から見放された状態にある中に、本年に入り経理担当者が退職し内政が混乱、一部高利資金流用などで凌いできたが支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1976/07/05
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年6月23日 (水)

紋別生コンクリート工業(株)[紋別市]

紋別生コン 更生法を申請

【紋別】紋別市元紋別、紋別生コンクリート工業(資本金五千万円、社長尾崎国彦氏)は、このほど主要取引金融機関で約束手形二千六百万円が不渡りになり、六月二十三日、旭川地裁に会社更生法を申請した。民間信用調査機関の調べによると、負債総額は約十億円にのぼると見込まれ、網走管内では今年最大の負債額。公共事業の受注を見込み、過大な設備投資をしたことなどが原因とみられる。

紋別生コンクリートは従業員四十人の紋別管内の業界では中堅企業。五十一年度三月期の売上高は約三億七千万円で、前期より二三%の増収となったが、五千万円以上の赤字となり、さらに官公庁の発注遅れで、資金繰りに苦慮していた。

会社更生法を申請した主な理由としては(1)網走管内滝上町の浮島トンネル工事の受注を見越し、昨年春、現地に一億九千万円で生コン製造工場を新設したが、工事延期などで、低操業を強いられた(2)業界の過当競争によるダンピングで受注不振に陥った―ためとみられる。

北海道新聞
1976/07/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)三交[函館市]

和交商事の関連会社「三交」が連鎖倒産

不動産部門の不況から先月下旬、十三億五千万円の負債を抱えて経営に行き詰まった函館市のサラリーマン金融業の老舗、和交商事(外崎昌吉社長)関連会社、三交(函館市西桔梗町、同社長、資本金四千七百万円、従業員十七人)が、このほど函館地方法務局に会社解散登記をし、三億五千五百万円にのぼる負債を抱えて連鎖倒産した。

北海道新聞
1976/06/23
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1976年6月21日 (月)

(株)丸八組[小樽市]

出血工事で元請とトラブル

土木工事の丸八組(小樽市桜2丁目2番25号)は5月31日と6月21日、不渡りを出して破綻が表面化した。負債総額は1億円内外。

本年度施工の美幸線工事が大幅な赤字工事となったが、元請間組との契約条項が細部に亘っていないためトラブルが発生し今次事態となった。

東京商工リサーチ
1976/06/28
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年6月15日 (火)

創成運輸(株)[札幌市]

設備負担と減収、営業は続行

運送業の創成運輸(札幌市白石区大谷地227番地)は4月30日と6月15日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は2億3400万円。

49年以降、室蘭営業所の開設や現住所の流通団地移転に伴う設備投資が重なって資金余裕のないところに、不況の影響で受注量が低減傾向となり採算面を圧迫、支払手形決済につまずいた。

東京商工リサーチ
1976/06/28
http://www.tsr-net.co.jp/

東洋フローリング(株)[由仁町](7年ぶり2回目)

減収減益に融手先倒産

フローリング製造の東洋フローリング(夕張郡由仁町216番地の2)は6月14日と15日、不渡りを出して破綻が表面化した。負債総額は2億円内外とみられる。

44年7月、親会社亀渕ベニヤとともに倒産、その後立て直しを図り概ね復調傾向となっていた。その後は市況不振で売上高はダウン、業況も冴えず一部融手操作をしていたが、融手先の熊崎産業の倒産が響き今次事態となった。

東京商工リサーチ
1976/06/21
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年6月11日 (金)

(株)広栄[札幌市]

傍系会社に資金流出、営業は続行

料飲店の広栄(札幌市中央区南7条西3丁目)は5月27日と6月11日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億7000万円内外の見込み。

本店が松坂屋の進出で立ち退くこととなったため、現在地に鉄骨3階建ての新店舗を建築し営業していたが、代表者は別に海産物商も経営しており、これが失敗して当社の資金が流れ、今次事態となった。営業は続行しつつ善後策を検討している。

東京商工リサーチ
1976/06/21
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年6月 9日 (水)

丸彰第一物産(株)[札幌市]

下請業者に前渡し金焦げ付く

土木・建築工事の丸彰第一物産(札幌市西区山の手2条9丁目)は4月30日と6月9日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は3500万円内外。

建売住宅の下請業者に前渡し金として振出した手形が焦げ付き状態となり資金ショートを生じた。現在営業は続行している。

東京商工リサーチ
1976/06/28
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年6月 8日 (火)

(株)馬場真治商店[函館市]

赤字累積、支払手形乱発

塗料卸小売の馬場真治商店(函館市海岸町17番22号)は5月31日と6月8日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は6386万円。

48年以降管理部門の不手際で赤字が発生、そのため資金繰りは忙しく、ギャンブルに手を染めて穴を大きくし、支払手形乱発に陥り、代表者は不渡り後の6月11日以降、姿を見せていない。

東京商工リサーチ
1976/06/21
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)白老振興公社[白老町]

白老振興公社が更生法申請 負債11億5千万に

【白老】胆振管内白老地区における公共的土地の先行取得や、分譲事業を目的として白老町が資本金の大半を出資して設立された株式会社白老振興公社=白老町白老一二〇、阿部春雄社長=は「資金の一時的不況により倒産する危険性が大きくなった」と、八日、札幌地裁に会社更生法の適用を申請した。この種の公社で同法適用申請は初。

申請書によると、同社は白老地区に進出を予定する企業の工場、港湾、住宅用地を先行取得するなど公益事業を営むという名目で四十六年十二月に設立。その資本金四千万円のうち三千万円が白老町、残りは大昭和製紙、三協精機などの出資。社長には浅利義市町長(初代)長井忠典助役(二代)の町理事者が就任し、現在の阿部社長は同町農協組合長。

ところが、大量の資金が土地の先行投資に向けられて固定化したうえ、浅利元社長の判断に誤りがあって、四十八年に四億二千八百万円で購入した空知管内栗沢町の山林(約百七十七万六千平方メートル)が転売できず、支払い金利の圧迫とともに負債が雪だるま式に増加。道銀、室蘭信金、北信連、鵡川農協に対し総額十一億五千八百万円の負債をかかえることになった。

こうして先月二十四日には、鵡川農協からの借入金四億円のうち、支払残額の三億五千万円について仮差し押えを受ける羽目になり、「これを無理に弁済すれば企業が維持できなくなる」として会社更生法適用の申請に踏み切った。

同社の代理人、伊東孝弁護士は「所有地の時価上昇により、売却すれば多額の利益が見込まれる。これについては、白老町をはじめ金融機関や取引先の援助と理解が期待でき、適切な管財人を選んで経営を改善すれば更生の見込みがある」と、説明している。

行き詰まりは当然 町民批判「栗沢は投機買い」

【白老】白老振興公社の“不動産商法”がついに行き詰まり八日、会社更生法の適用申請を行ったが、その背後には目的外の取引や職員の使い込みなどの不明朗さがあり、地元胆振管内白老町内では「とうとう行き着くところまで行ったか」と評する人が多い。

同公社は資本金四千万円。白老町のほか、町内に工場を持つ大昭和製紙や旭化成、三協精機、白老漁協、白老町農協などが引き受けた。目的は公共的に必要な動産、不動産の売買、あっせん。

今回、経営が行き詰まったきっかけの空知管内栗沢町内の土地は、「白老に港湾建設を。そのために必要な代替地の先行取得」として、近くの鵡川町農協から約四億円を借りて購入したが、国土計画利用法の規制と不況のため土地は全く売れず、借入金返済に追われていた。毎年返済期限を書き換えて延期してもらっていたが、同農協が組合員の突き上げから、最近、財産仮差し押えの法的手続きを取り、同社の破たんが表面化した。

この仮差し押えで町内の金融機関も「もう貸せません」と見放し万事休した。

最近行われた監査報告では、栗沢町の土地について目的に違反する取引を取締役会の議決もなく行っているとの指摘を受けた。また町民の間からは「栗沢の土地まで買うのは“投機”をねらったのではないか」との疑問、批判が出されていた。このほか、これまでにも四十八年度には、六千七百万円を十カ月の間に他へ浮き貸ししたり、七百万円が三カ月間も使途不明になったり、不明朗も明らかになっている。しかも、今年三月には当時の事務担当者が土地取得代金を二重請求して二百十三万円使い込んだのが発覚し、苫小牧署に逮捕されるなど、ずさんさが目立った。

仮差し押えが行われた後の七日に取締役会が開かれ、その席上、会社更生法の適用申請が決まったが、これまでの経緯については多くの町民が知っており、「あんなやり方では倒産するのは当たり前」と評する人が多い。白老町の理事者は昨年四月の町長選挙を境に代わっているが、町が最大の出資者であることには変わりなく、自治体として今後どう対処するか注目される。

北海道新聞
1976/06/09
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1976年6月 7日 (月)

二興産業(株)[札幌市]

受注減少し採算割れ

運送業の二興産業(札幌市南区真駒内28番地の2)は6月5日と7日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は9000万円内外とみられる。

昨年10月、東邦物産の倒産で債務を負い、資金繰りが逼迫して手形ジャンプなどで凌いできた。更に今期に入り受注は大幅に減少し、採算ラインを割り込み遂に堪えられなかった。

東京商工リサーチ
1976/06/28
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)田中輪業商会[札幌市]

無謀計画で債務かさみ失踪

自転車・オートバイ販売の田中輪業商会(札幌市東区北42条東2丁目)は6月2日と7日、不渡りを出し代表者は姿を消して破綻が表面化した。

現所にビルの建築を計画したものの、資金裏付けの確定を見ないうちに作業を進めたことなどが重なり資金繰りが苦しくなり、高利資金を導入したが、この金利に追われて債務はかさむ一方となり行き詰まった。

東京商工リサーチ
1976/06/14
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年6月 5日 (土)

マルコウ総業(株)[石狩町]

無計画な業拡に資金伴わず代表失踪

内装工事のマルコウ総業(石狩郡石狩町字花畔136番地)は5月6日と6月5日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は8000万円内外とみられる。

50年7月、札幌市中央区北3条西2丁目カミヤマビルに事務所を構え、積極体制に入ったものの、無計画な業拡と経理面もズサンで遂に資金が伴わず代表者が失踪し破綻が表面化した。

東京商工リサーチ
1976/06/28
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ホクシンワーク[札幌市]

大口焦げ付き発生と受注急減で

建材販売・内装工事のホクシンワーク(札幌市北区北25条西15丁目)は4月30日と6月5日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億円を超えるとみられる。

49年のピーク後は大口焦げ付き債権が生じ、内装工事に主力を傾注したが、扱い高は前年を大きく下回ったため資金操作に詰まった。

東京商工リサーチ
1976/06/21
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年6月 4日 (金)

(有)ベリーまくら[小樽市]

架空決算で債務かさむ

まくら・椅子用クッション製造販売のベリーまくら(小樽市若竹町10番3号)は5月31日と6月4日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億3000万円内外とみられる。

販売先から実際納入した品よりも上積みした前受け手形を受領し、その架空分を決算に計上して粉飾していた。51年3月以降は金策に追われっぱなしの状態であったが遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1976/06/14
http://www.tsr-net.co.jp/

丸弘藤田工業(株)[札幌市]

会社整理開始(昭和50年(ヒ)第15号)

(株)丸弘藤田工業(札幌市白石区中央2条3丁目50番地)は6月4日、札幌地裁から会社整理手続開始決定を受けた。

1976/06/11
札幌地方裁判所第四部

1976年6月 2日 (水)

(有)丸サ澤口製菓[苫小牧市]

ジリ貧で代表者夜逃げ

菓子製造販売の丸サ澤口製菓(苫小牧市日の出町2丁目7番13号)は5月28日と6月2日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1400万円内外。

競争力は弱く、近時の業績はジリ貧傾向にあったところ遂に支え切れなかった。代表者は夜逃げしており完全整理入りの見込み。

東京商工リサーチ
1976/06/14
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年6月 1日 (火)

(株)東海シポレックス[札幌市]

受注急減、重機代金に追われる

荷役作業の東海シポレックス(札幌市中央区宮の森607番地)は5月31日と6月1日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億5000万円内外。

受注が急減し、機械の負担が重荷となり各ディーラーに手形ジャンプを要請したり、一部機械を返却して切り抜けてきたが、堪えられなかった。

東京商工リサーチ
1976/06/21
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)クロス設備[札幌市]

資力弱体、業績振るわず夜逃げ

管工事のクロス設備(札幌市白石区本郷通8丁目南1番地)は5月31日と6月1日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は2600万円内外。

元来資金が乏しい中に、受注状況も思わしくなく、5月末の支払がならなかった。

東京商工リサーチ
1976/06/14
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1976年5月 | トップページ | 1976年7月 »