« 1976年4月 | トップページ | 1976年6月 »

1976年5月

1976年5月31日 (月)

丸信新栄企業(株)[札幌市]

立地条件悪く売り上げ不振

パチンコ店の丸信新栄企業(札幌市西区山の手1条1丁目)は4月30日と5月31日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は2億5000万円内外。

50年8月、同所にパチンコ「ボンボン」を開業したが、店舗は一応国道五号線に面しているが、琴似地区中心部を離れ、駐車場難など条件不備で予期した顧客を吸収できず、設備が負担となって資金ショートした。

東京商工リサーチ
1976/06/21
http://www.tsr-net.co.jp/

天地運輸(株)[札幌市]

親会社天地興業の破綻に連鎖

運送業の天地運輸(札幌市白石区大谷地277番地=登記面札幌市西区発寒1020番地)は5月10日と31日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は2億5000万円内外の見込み。

親会社天地興業の経営悪化とともに資金操作が入り乱れて、親会社の破綻で遂に収拾困難となって連鎖的に行き詰まった。

東京商工リサーチ
1976/06/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)萩山建築店[小樽市]

金策に追われ本業疎か

建築工事の萩山建築店(小樽市最上2丁目16番24号)は2月28日と5月31日、不渡りを出して破綻が表面化した。負債総額は5000万円内外とみられる。

経営の放漫もあり48年頃から出血工事が発生して資金面が多忙となり、融手、高利資金の操作に走り、これがかさんで最近では資金手当てに走り回って本業が手につかない状態であった。

東京商工リサーチ
1976/06/07
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年5月26日 (水)

銭谷鉱業(株)[函館市]

親会社が破産を申し立て 経営難の銭谷鉱業

【函館】従業員のじん肺災害などで経営が悪化した函館市港町二ノ一ノ五、銭谷鉱業(銭谷幸雄社長、資本金六千万円)は、先に函館地裁に和議開始申請していたが、これに対し親会社の総合商社・伊藤万(河村良彦社長、本社・大阪)は九日「債務弁済能力がない」として、同地裁へ同鉱業の破産申し立てを行った。

同鉱業は製紙用塗布剤などの原料となる滑石粉(タルク)の製造、販売を続けてきたが、四十九年に従業員十人のじん肺災害などの問題を起こし、函館工場の移転先が見つからないまま、十二億六千万円の負債を抱え、経営が行き詰まった。同鉱業は五月二十六日、破産を防止するため和議開始申請を行う一方、七月いっぱいで生産を打ち切り(出荷は十一月まで続行)、会社を整理する方針。

伊藤万は、同鉱業に融資を続けていた親会社で、すでに融資を止めているが、債権総額が四億九千万円に上る一番の大口債権者。破産申し立てによると「同鉱業の和議開始申請はあまりにも非現実的で、現状のままでは債務弁済能力がない」としている。

北海道新聞
1976/08/10
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1976年5月25日 (火)

大誠建設(株)[旭川市]

既往の焦げ付き発生で対外信用低下

建築工事の大誠建設(旭川市旭町1条15丁目)は5月24日と25日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億5000万円内外とみられる。

49年の焦げ付き債権発生以来、融手の介在も聞かれて対外信用は低下傾向にあった。それが一般市況の不冴えとも絡み合い取引銀行の態度も冷却し、遂に堪えられなかった様子。

東京商工リサーチ
1976/05/31
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)皿井建築設備[函館市]

業拡が裏目に出て赤字累積

冷暖房設備工事の皿井建築設備(函館市上野町163番地)は5月25日、不渡りを出し事実上整理に入った。負債総額は1億100万円。

業拡を目して元請け工事も手掛けたのが裏目となり、不良債権が続出、工事面でも出血工事の発生などで赤字が累積、粉飾決算で糊塗し以降は融手操作に入ったが、資金目途が立たず不渡り発生となった。

東京商工リサーチ
1976/05/31
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年5月24日 (月)

(有)黒木商店[苫小牧市]

減商に放漫経営

廃品回収業の黒木商店(苫小牧市字糸井149番地の1)は1月20日と5月24日、不渡りを出して破綻が表面化した。負債総額は4000万円内外とみられる。

市況不振で扱い高も減少傾向のところに経営は典型的な放漫振りで帳簿さえないと言われており、資金計画もメチャクチャ、市中金融も含めて土地建物は6番抵当まで設定されている様子で、銀行から競売申立をされているので再建はほとんど不可能視されている。

東京商工リサーチ
1976/05/31
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年5月21日 (金)

三友興業(株)[札幌市]

代表者失踪し処理に苦慮

青写真焼付・事務機器販売の三友興業(札幌市中央区北2条西2丁目)は5月20日と21日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。

経営は社長のワンマン経営で、派手好み、帳簿類も不整備の放漫振りで、資金繰りに追われて相当額の融手、高利資金の介在もある様子だが、社長失踪で詳細把握できず、資産も見るべきものは何もなく、各債権者とも全くお手上げ状態である。

東京商工リサーチ
1976/05/31
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)マツヨシ建設[札幌市]

完全整理入り

建築工事のマツヨシ建設(札幌市白石区南郷通5丁目南16番地)は5月20日と21日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は7000万円内外。

管理面が行き届かず社内の不正事故の発生や、焦げ付き債権が発生するなどで資金事情は苦しく、取引先との折衝も足並み揃わず、5月10日頃の債権者会議で整理入りを決定した。

東京商工リサーチ
1976/05/31
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年5月20日 (木)

(株)ナカイチ産業[札幌市]

ブローカー的存在で信用低下

住宅関連機器・資材販売のナカイチ産業(札幌市中央区南17条西10丁目)は3月23日と5月20日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。

50年7月に本名代議士に振出した1000万円の手形処理に失敗して不渡り事故を起こした。対外信用は薄く、固定仕入先も乏しく扱い品目も多種にわたり正体把握困難であった。旧債負担もあった様子で今次事態となった。

東京商工リサーチ
1976/05/31
http://www.tsr-net.co.jp/

丸岩東和産業(株)[札幌市]

国土規制法強化で売り上げ急減

不動産業の丸岩東和産業(札幌市中央区北1条西7丁目農林会館4階)は5月15日と20日、不渡りを出して破綻が表面化した。負債総額は4億3300万円内外。

国土規制法の強化で売り上げは急減、そのため土地保有による金利負担などで資金繰りは極度に悪化、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1976/05/31
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年5月15日 (土)

熊崎産業(株)[留辺蘂町]

需要減に旧債圧迫

木材加工の熊崎産業(常呂郡留辺蘂町字元町74番地の28)は5月15日、不渡りを出し銀行取引を解約され行き詰まりが表面化した。負債総額は6500万円内外。

乾燥機などの設備投資をしたものの需要減で売り上げが落ち込み資金繰りが悪化、一部高利資金を流用して凌いできたが及ばなかった。

東京商工リサーチ
1976/06/14
http://www.tsr-net.co.jp/

道北産商(株)[旭川市]

放漫経営で採算合わず

畜肉加工販売の道北産商(旭川市豊岡6条2丁目)は5月6日と15日、不渡りを出して破綻が表面化した。負債総額は1億円内外とみられる。

経営はズサンそのもので丼勘定、当然採算が取れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1976/05/24
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年5月14日 (金)

(有)丸正東亜工業[旭川市]

無計画で採算振るわず

営繕工事の丸正東亜工業(旭川市北門町17丁目)は2月28日に第1回不渡り、5月14日の債権者会議で内整理に入った。負債総額は1700万円内外。

無計画な経営振りで採算の合わないところで、第1回不渡り後、関係筋の支援で凌いできたが、債権者の参集を求めて内整理入りとなった。

東京商工リサーチ
1976/05/24
http://www.tsr-net.co.jp/

北海道医事(株)[札幌市]

計画に資金力伴わず

設計事務所の北海道医事(札幌市東区北12条東7丁目)は4月22日と5月14日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。

当初から資金力は弱体であったものが業容の膨張に伴い諸経費の増加し、未収金などもあって
繰り回しは多忙気味であり、資金援助、関係先からの恩借などで切り抜けてきたが堪えられなかった。

東京商工リサーチ
1976/05/24
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年5月10日 (月)

泰伸建設(株)[札幌市]

トラブル発生で大口未収発生

建築工事の泰伸建設(札幌市西区八軒1条東4丁目)は4月30日と5月10日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は3億9500万円内外。

48年10月の不良債権発生で内整理、以後代表者個人借入などで一応凌いできたが、今期に入りトラブルが発生して工事代金の回収が不能となり行き詰まった。

東京商工リサーチ
1976/05/31
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)巧芸社[札幌市]

元請破綻の連鎖

内装工事の巧芸社(札幌市東区北14条東1丁目238番地)は4月27日と5月10日、不渡りを出して破綻が表面化した。負債総額は3000万円内外とみられる。

下請で行った昨年の工事が発注者の倒産で未収金が生じたのと、元請けの支払手形に裏書して保証債務が生じて遂に連鎖破綻を余儀なくされた。

東京商工リサーチ
1976/05/24
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年5月 6日 (木)

(株)三北コンサルタント[苫小牧市]

受注急減し不渡り

測量工事請負の三北コンサルタント(苫小牧市字糸井311番地)は10月末に続き5月6日の不渡り発生で破綻が表面化した。負債総額は5000万円内外とみられる。

官庁工事の激減、同業者との共同受注の工事や欠損工事の発生で資金繰りに追われていたが遂に行き詰まった。

東京商工リサーチ
1976/05/17
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年5月 5日 (水)

新日本重機(株)[釧路村]

融手先倒産し代払いを不渡り

土木工事・重機賃貸の新日本重機(釧路郡釧路村字別保原野南25線62番地31)は3月15日と5月5日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億6500万円内外とみられる。

50年7月に行き詰まった松田重機の再建会社で、4月に不渡りを出して破綻が表面化した企業に貸していた手形の代払いに迫られて資金操作に狂いが生じて再度行き詰まった。

東京商工リサーチ
1976/05/17
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1976年4月 | トップページ | 1976年6月 »