« 1975年12月 | トップページ | 1976年2月 »

1976年1月

1976年1月31日 (土)

(株)エルム[小樽市]

季節変動激しく回転率悪化

婦人服縫製のエルム(小樽市入船1丁目2番28号)は12月31日と1月31日、不渡りを出し破綻が表面化した。負債総額は1億3000万円内外。

熟練者が少ない、賃金上昇、クレームが多く不良在庫が増加するなどで内政が悪化し行き詰まった。

東京商工リサーチ
1976/02/09
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年1月30日 (金)

柳川木材(株)[札幌市]

和議申し立て

木材・建材販売の柳川木材(札幌市中央区北3条東5丁目5番地)は1月30日、札幌地裁に和議を申し立て、31日に財産保全命令が出された。

49年度の三和組、50年度の日本建販の破綻で不良債権が発生し、これらが積もって内政が悪化、一応資産の分散を避けて債権者の支援を仰ぐべく今次事態となった。

東京商工リサーチ
1976/02/09
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年1月27日 (火)

(株)北海紳装[札幌市]

不動産部門で失敗

紳士服販売・不動産の北海紳装(札幌市南区真駒内本町3丁目23番地)は1月21日と27日、不渡りを出して銀行取引停止処分となった。負債総額は1億円内外とみられる。

不動産部門も併設し宅地造成分譲も手掛けてたが、これが調整区域のためローン扱いができず失敗に帰した。

東京商工リサーチ
1976/02/09
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年1月26日 (月)

伊藤木材(有)[木古内町]

不渡り発生で在庫引き揚げられる

素材・建材・墓石販売の伊藤木材(上磯郡木古内町字新道102番地)は1月26日、不渡り発生、在庫品を引き揚げられた。

意欲的経営ながらやや無計画的で、売り上げは振るわず資金力も弱体で操作は多忙化していた。更に一部、投機的山林の買い付けにも手を出したことなどで信用不安説が流布されていた。

東京商工リサーチ
1976/02/09
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)苫小牧サニー美装興業[苫小牧市]

多額の借財を残し女子事務員と逃走

ビル清掃、防水工事の苫小牧サニー美装興業(苫小牧市美園町1番3号)は昭和50年4月代表者が失踪し、このほど概要が判明した。負債総額は5000万円を超えるものと見られている。

当時代表者は内妻と子供2人の4人家族であったが有夫の女子事務員と情が通じ、これが発覚してその事務員の夫を専務に迎えたものの折り合いが悪く、結局女子事務員と謀って夫を追い出し、業績も振るわなくなった。

また代表者の先妻の女婿が内妻と折り合いが悪く、別会社を設立し競合する羽目になり、出血受注などで自転車操業に陥り、個人借入に走りながらも服装も着飾らせて華美な生活状態であった。

債務の増高に耐えかねて、内妻には当座の生活費と土地を買い与え、代表者は1000万円の現金を持ち、情交の女子事務員と子供2人を伴って逃亡した。

その後債権者間で整理業務を進め、個人債権者の中には泣き寝入りする者もあって全容は把握できなかったが、このほどその概要が判明したもの。

東京商工リサーチ
1976/01/26
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年1月23日 (金)

(株)豊商[旭川市]

不況下に業況冴えず

建設用機械賃貸・生コン販売の豊商(旭川市1条通10丁目)は9月10日と1月23日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1500万円内外。

予期した業績を得られぬ中に、本業外の資金流出の声も聞かれていた。

東京商工リサーチ
1976/02/09
http://www.tsr-net.co.jp/

西興業(有)[苫小牧市]

中央鉄工の連鎖

鉄工業の西興業(苫小牧市双葉町1丁目8番14号)は12月31日と1月23日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は4000万円内外。

一部債務の肩代わりがあった模様の中に、受注の減少傾向から今次事態となった。

東京商工リサーチ
1976/02/02
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)一ノ瀬鉄工場[苫小牧市]

焦げ付き資金の調達できず不渡り

建築金物製造の一ノ瀬鉄工場(苫小牧市字糸井141番地)は12月31日と1月23日、不渡りを出して銀行取引停止処分となった。

一部融手が焦げ付き、銀行借入に期待したが不調となったため行き詰まった。受注が安定せず、債務の大半は役員からの借入金の様子。

東京商工リサーチ
1976/02/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年1月20日 (火)

(株)オートマシン[旭川市]

売れ行き冴えずダンピング

娯楽機械販売・リースのオートマシン(旭川市神居町忠和1番地)は10月11日と1月20日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は5000万円内外。

不況下に予期した業績を挙げ得ず、対外信用、対行信用も薄いこところから、ダンピングで自転車操業に陥っていた様子。

東京商工リサーチ
1976/02/09
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年1月17日 (土)

(株)山藤佐藤建設[苫小牧市]

受注不振で融手操作に失敗

建築工事の山藤佐藤建設(苫小牧市字糸井225番地14)は12月31日と1月17日、不渡りを出して
銀行取引停止処分となった。負債総額は1000万円内外と見られる。

受注不振に加えて資金操作に適正を欠き、一部融手操作被害もあって今次事態となった。

東京商工リサーチ
1976/02/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年1月16日 (金)

丸星ゴム(株)[小樽市]

プラスチック製品の進出でジリ貧

総ゴムスキー靴製造販売の丸星ゴム(小樽市奥沢4丁目23番3号)は1月16日に第1回不渡り、20日に債権者の参集を求めて協議に入った。負債総額は2億円内外の見込み。

製品はオーストリア、スイス、カナダ、ノルウエーなどにも輸出されていたが、ドルショック以来不振となり国内向けに転向したが、最近はプラスチック製品に押され売上高は低下、1月16日期日の支払手形の決済に詰まり、銀行との話し合いも間に合わず不渡りとなった。

東京商工リサーチ
1976/01/26
http://www.tsr-net.co.jp/

北海ガレージ(株)[札幌市]

業績振るわず不渡り

レンタカー、ビジネスホテル経営の北海ガレージ(札幌市中央区南4条東4丁目)は12月31日に続き1月16日の不渡りで銀行取引停止処分となった。負債総額は1億5000万円内外とみられる。

駐車場経営、商用車レンタカーを経営し、昭和41年11月からはビジネスホテル「カースル北海」も併営していた。しかしホテルの建設資金は借入金によって賄われたもので、金利負担もありホテル部門は予期した業績を挙げられず赤字決算で推移していた。

東京商工リサーチ
1976/01/26
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年1月14日 (水)

富士設備建設(株)[札幌市]

破産宣告(昭和50年(フ)第18号)

富士設備建設(株)(札幌市中央区北1条東9丁目13番地)は1月14日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は中島一郎弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和51年2月20日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和51年3月12日午後3時。

1976/01/21
札幌地方裁判所第四部

1976年1月10日 (土)

大雪建設興業(株)[上川町]

受注減からジリ貧

建築・土木・管工事の大雪建設興業(上川郡上川町南町)は昨年末不渡りを出し、1月10日の債権者会議で委員会を構成、整理具体策を検討している。負債総額は3500万円内外。

下請けが主体で収益率は悪く、管理面も不十分で以前から信用不安説も流れ仕入先の警戒を呼び、厳しい決済を迫られていた。

東京商工リサーチ
1976/02/16
http://www.tsr-net.co.jp/

1976年1月 5日 (月)

(株)セイキ工業[札幌市]

設備投資の先行や収入伸び悩みで

土木工事のセイキ工業(札幌市白石区平和通6丁目北4番地)は12月末と1月5日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は4億3700万円。

売上高は伸び悩み状態にあり、設備への先行投資、回収面での手形増加傾向や資金操作に一部融手も絡み今次事態となった。

東京商工リサーチ
1976/02/16
http://www.tsr-net.co.jp/

北海道佐々木工業(株)[旭川市]

累積赤字に堪えられず

浄化槽販売・設備の北海道佐々木工業(旭川市神居5条6丁目386番地10)は12月10日と1月5日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億円内外とみられる。

1月22日、債権者が参集して善後策を協議し完全整理入りに決定した。

東京商工リサーチ
1976/02/02
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1975年12月 | トップページ | 1976年2月 »