« 1975年9月 | トップページ | 1975年11月 »

1975年10月

1975年10月31日 (金)

北海道消防綜合設備(株)[札幌市]

受注不振、再建以降なるも流動的

防火器具販売、設備工事の北海道消防綜合設備(札幌市中央区北3条東2丁目酒井ビル)は9月30日と10月31日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は3000万円内外とみられる。

系列会社が不渡りを出すなど関係先に警戒されてきたのに加え、近時の受注の急減が重なり、資金流出もあって高利資金の導入で支えてきたが今次事態となった。

東京商工リサーチ
1975/11/17
http://www.tsr-net.co.jp/

北工商事(株)[札幌市]

回収の遅延、営業不振

摩砕機販売の北工商事(札幌市中央区南5条西3丁目三番館ビル)は9月30日と10月31日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は3000万円内外とみられる。

本年に入り販売の鈍化、香和えて回収の遅延が資金繰りを圧迫、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1975/11/17
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)長谷川左官工業[札幌市]

不良債権の発生、融手禍

左官工事請負の長谷川左官工業(札幌市白石区菊水元町7条2丁目)は10月30日と31日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は8000万円内外の見込み。

収益面は低調で資金的にも乏しく内容は弱体で、また昭和50年に入り左官資材の販売を行うべく前渡手形を振出したが商品は入荷せず、手形は裏書され本州方面の金融業者に割引かれたことから資金ショートした。

東京商工リサーチ
1975/11/17
http://www.tsr-net.co.jp/

野村重機工業(株)[士別市]

長雨で稼働率低下、採算割れ

土木工事、重機賃貸の野村重機工業(士別市東8条北3丁目)は10月3日と31日、不渡りを出し破綻が表面化した。負債総額は3億1800万円とみられる。

7月と9月の長雨で稼働率が振るわず採算割れが生じて資金手当てに苦慮し10月3日に不渡りを出し、協力要請したものの結論は出ず、すでに機械メーカーから重機を引き揚げられていて、月末も不渡りとなった。

東京商工リサーチ
1975/11/10
http://www.tsr-net.co.jp/

忠和工務店(株)[旭川市]

岡本工務店の連鎖

建築工事の忠和工務店(旭川市神居町忠和7番地1098)は9月30日と10月31日、不渡りを出し店舗を閉鎖している。負債総額は1000万円内外とみられる。

カネ本岡本工務店の建売住宅などを手掛けていたが、岡本工務店の破綻で焦げ付きが生じ行き詰まった。

東京商工リサーチ
1975/11/10
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)旭南[旭川市]

借入かさみ金利負担が重圧

サッシ加工の旭南(旭川市永山町1丁目26番地)は10月30日と31日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は2億5000万円内外とみられる。

受注不振などで資金面は多忙化し、不良債権の発生もあり役員の資産売却などで乗り切りを図ってきたが、銀行借入の金利負担が重く、信用不安説が流れるなど堪えきれなかった。

東京商工リサーチ
1975/11/10
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)コア設計[札幌市]

資力弱体に営業先行

建設業のコア設計(札幌市白石区中央2条1丁目北海ビル)は9月1日に続き10月31日の不渡りで銀行取引停止処分となった。負債総額は9000万円内外の見込み。

前者からの一部債務引き継ぎもあった様子で資金力は乏しいのに営業先行型で繰り回しは常時多忙、9月1日の不渡り後も回復ならず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1975/11/10
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)丸子組[札幌市]

赤字累積、資金ショート

土木、建築工事の丸子組(札幌市南区真駒内本町7丁目3番地6)は10月30日と31日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億1000万円内外とみられる。

後発業者で下請が主なため採算性は低く、実態は赤字経営で推移していた様子。無理な資金操作もあった模様で遂に堪えられなかった。

東京商工リサーチ
1975/11/10
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年10月30日 (木)

(株)老松組[札幌市]

二回目の不渡り

土木工事請負の老松組(札幌市西区山の手3条1丁目91番地1)は8月25日と10月30日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1500万円内外とみられる。

本年に入って受注が急減、八雲町の温泉付分譲地造成工事を行っていたが、維持できず不渡りとなった。

東京商工リサーチ
1975/11/17
http://www.tsr-net.co.jp/

札幌興機(株)[札幌市]

放漫経営、出血工事から破綻

土木建築業の札幌興機(札幌市白石区本郷通11丁目北46番地)は9月30日と10月30日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は4000万円内外とみられる。

資力に乏しく無理な工事受注から資金面を圧迫、代表者も経理に暗く信用が薄かったことから、高利に依存する資金繰りで支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1975/11/17
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年10月29日 (水)

東発工業(有)[苫小牧市]

資金不足を融手、高利に依存

機械据付、配管工事の東発工業(苫小牧市栄町3丁目6番12号)は8月20日に続き、10月29日の不渡りで銀行取引停止処分となった。負債総額は1500万円内外とみられる。

元来の資金不足を融手や高利資金に依存して凌いできたが支え切れなかった。別会社で再建するべく奔走している様子。

東京商工リサーチ
1975/11/24
http://www.tsr-net.co.jp/

東邦物産(株)[札幌市]

業界不振・放漫経営

宅地分譲、玩具販売の東邦物産(札幌市中央区大通西14丁目3番地)は10月25日に第1回不渡り、29日に債権者の参集を求めて行き詰まりを表明した。負債総額は3億7100万円内外とみられる。

オイルショック以後の業界の不振、金融引締めの影響を受け、恩借や市中金融からの借入に依存していたところに、親会社の東邦設計が9月30日、第1回不渡り後事務所を閉鎖し事実上倒産したことから、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1975/11/03
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年10月27日 (月)

八興商事(株)[小樽市]

商況冴えず代表者所在不明

食料品卸の八興商事(小樽市若松1丁目4番26号)は10月27日、債権者の参集を求めて経過説明、整理入りを表明した。負債総額は1億1000万円内外の見込み。

小口不良債権の累積や人手不足による販路の確保困難などで赤字経営で、代表者は所在をくらまし営業続行不能となった。

東京商工リサーチ
1975/11/03
http://www.tsr-net.co.jp/

大平観光(株)[札幌市]

大平観光が事実上倒産 負債総額は25億 ビル譲渡の札幌市などに

札幌市内でビル管理をするほか、胆振管内大滝村にレジャーランド建設の計画をもっていた大平観光(資本金五千万円、本社・札幌市豊平区豊平三ノ一、富士ビル内)が、二回にわたり不渡り小切手を出したため、二十七日札幌銀行協会から取引停止処分を受けて事実上倒産した。民間信用調査機関・帝国興信所札幌支店の調べでは、負債総額は二十五億円に達するという。筆頭債権者が札幌市(債権額十七億円)であること、同社の会長が大平秀雄道議(自民党、深川市)であること、などから倒産の影響も多方面に及ぶことが懸念される。

大滝レジャーランドも中断のまま

大平観光は、四十五年九月に設立され、四十八年四月に札幌市が同市南三西四に建設した市街地改造ビル「エイト」の五―八階部分、六千平方メートルを譲り受けて飲食店「東天紅」など二十店に賃貸ししていたが、九月初めに社内で実権をもつ名越良一専務が同社の印鑑と小切手帳を持って失跡、この二十二、二十三日の両日、第一勧銀札幌支店でいずれも額面一千万円の小切手を不渡りとし、銀行取引停止処分となった。

札幌市から譲渡を受けた「エイト」は、買収総額が金利を含め約十七億円で、毎年九千万円を十五年で支払うことになっている。しかし、札幌市には四十八年度と四十九年度上期分は支払われているが、同年度下期分は滞納のままという。このため札幌市は九月末に、大平観光の資産を押える法手続きをとっている。

また、同社は大滝村に総合レジャーランドの建設を目指し、山林や原野、畑地など五百ヘクタールを買収してゴルフ場やスキー場、ホテルなどを三年計画で造成する予定だった。しかしこれも、東海興業が二億四千万円を立て替えるなどして着手したものの、不況と金融引き締めにぶつかり、資金計画の甘さもあって中断されたままになっている。

大平観光では札幌市に「エイト」の代金として毎年支払う分は、長期返済なので負債といっても性格が異なるとしている。これを差し引いた負債は三億円程度で、これも大滝村の所有地を売却することで返済出来るという。なお、同観光は失跡したままの名越専務を十月十六日の重役会で解任している。

北海道新聞
1975/10/29
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

大平観光が内部整理の方針

多額の負債をかかえ、事実上倒産した不動産業、大平観光(本社・札幌市)の大平秀雄会長(自民党道議、深川市)は三十一日、札幌市で記者会見し「負債は伝えられるほど大きくはない。所有地を売却する話を進めているが、話し合いがつけば返済できる」と語り、内整理に入る方針を明らかにした。

大平会長によると、当面支払わなければならない負債は胆振管内大滝村に取得した用地関係の未払い分として、二億円を借り入れた東海興業への利息など一億五千万円、札幌「エイトビル」購入の年賦金として札幌市への未払い分が三千万円、計一億八千万円という。

これらは、大滝村の所有地百五十ヘクタールを大手の東急観光に売却する話を進めており、話し合いがつけばその代金で支払うとしている。また「エイトビル」については、札幌市と話し合い、札幌市に引き取ってもらうか第三者に譲渡するかのどちらかにしたいとしている。

北海道新聞
1975/11/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1975年10月25日 (土)

(株)企画巧匠[札幌市]

資金不足を市中金融に依存

コマーシャルデザインの企画巧匠(札幌市中央区南1条東7丁目)は10月10日と25日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は7800万円内外とみられる。

経営はズサンで計画が資金に先行、昭和49年5月にも不渡りを出して対外信用を低下させた、資金操作を市中金融に依存していたため金利負担もあり堪えきれなかった。

東京商工リサーチ
1975/11/10
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)札樽重機興業[札幌市]

重機増設に受注伴わず

重機賃貸、土木の札樽重機興業(札幌市西区手稲本町167番地)は10月6日と25日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億5000万円内外の見込み。

今年に入りクレーン2台を増設したものの、受注がこれに伴わず、代金決済に追われて行き詰まった。

東京商工リサーチ
1975/11/10
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年10月24日 (金)

(有)三栄[苫小牧市]

乱売、高利資金流用

衣料品、家具、雑貨販売の三栄(苫小牧市錦町2丁目2番5号)は10月18日と24日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は3000万円内外とみられる。

昭和49年2月に倒産した大倉商事の営業基盤を継承したもので、実質経営は元経営者の2氏によって行われていた。しかし、対外信用は回復しておらず、安売りや高利資金流用などで今次事態となった。

東京商工リサーチ
1975/11/24
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年10月22日 (水)

(株)谷銘木店[札幌市]

大口焦げ付きと売れ行き低調

銘木販売の谷銘木店(札幌市白石区厚別町東町440番地)は10月20日と22日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は9000万円内外とみられる。

売上高や採算面は低調で、主仕入先の支援を受けて営業を続けてきたが、本年1月に倒産したキユーピー家庭用品に大口の不良債権が発生、遂に行き詰まった。

東京商工リサーチ
1975/11/03
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年10月20日 (月)

北海道ハウス(株)[札幌市]

業拡に資金伴わず

建築工事の北海道ハウス(札幌市豊平区平岸3条13丁目)は9月30日と10月20日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億円内外と見られる。

元来資金力は弱体のところに積極受注で欠損工事もあり、加えて公庫融資が思惑通りの期日に下りないため支払が先行し、立て替え能力が限界に達して今次事態を招いた。

東京商工リサーチ
1975/11/03
http://www.tsr-net.co.jp/

釧路船舶鉄工(株)[釧路市]

受注不振、融手先倒産

造船、諸機械修理の釧路船舶鉄工(釧路市大町1丁目2番4号)は10月15日と20日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は3億2700万円内外とみられる。

大口受注は皆無で修理部門でつないできたが、資金繰りは極度に多忙化し取引先との融手、恩借、傍系会社からの借入などで凌いできたが、融手先の破綻で堪えきれなかった。

東京商工リサーチ
1975/10/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)協辰工業[滝川市]

受注減少・赤字累積

機械据付工事の協辰工業(滝川市泉町194番地)は10月11日と20日、不渡りを出し破綻が表面化した。負債総額は8200万円内外とみられる。

経営は放漫性もあり収益率は低く、資金繰りは苦しく市中金融の流用などで繰り回してきた。主債権者に支援を要請して了承を得ていたが、一部取立に回り今次事態となった。

東京商工リサーチ
1975/10/27
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年10月18日 (土)

(有)釧勝運輸[阿寒町]

不況下に稼働率低減

運送業の釧勝運輸(阿寒郡阿寒町字舌辛原野15線31番地)は10月17日と18日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は4000万円内外とみられる。

収益面は諸経費増で極めて低調、赤字経営が実態で、受注不振から遊休車輌もあり稼働率は悪く、紫金草は多忙化し遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1975/11/03
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年10月15日 (水)

丸正北信工業(株)[札幌市]

受注減じ借財かさむ

水道、設備工事の丸正北信工業(札幌市豊平区月寒東2条3丁目)は9月1日と10月15日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は7200万円内外とみられる。

本年に入り受注は低減、資金面が圧迫され不足資金を恩借や市中金融に依存などで繰り回してきたが遂に堪えられなかった。

東京商工リサーチ
1975/11/03
http://www.tsr-net.co.jp/

日本建装(株)[札幌市]

旧債抱えて受注不振

内装工事の日本建装(札幌市豊平区豊平3条1丁目9番地)は9月5日と10月15日、不渡り発生で銀行取引停止処分となった。負債総額は3000万円内外とみられる。

昭和47年6月に放漫経営で破綻、営業は続行していたが固定した得意先がなく細々と推移し、採算性は低く収益面は赤字を計上、今期に入り樹流が振るわず遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1975/10/27
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年10月11日 (土)

亀谷土木(株)[札幌市]

放漫経営・労務者に見放される

土木工事の亀谷土木(札幌市白石区菊水元町7条2丁目51番地)は9月30日と10月11日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は3000万円内外とみられる。

労務賃金の支給遅延が不振を買って離反者が多く、元請も処置に窮し、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1975/10/27
http://www.tsr-net.co.jp/

マルマスイナバ[旭川市]

旭川 家具・畳のイナバ倒産 負債総額八億円超す

【旭川】経営が行き詰まっていた家具卸・小売・畳製造会社マルマス「イナバ」(稲葉博社長、旭川市永山三ノ一〇)が、このほど二回目の不渡り手形を出し、銀行取引停止処分を受けて事実上倒産した。民間の信用調査機関・東京商工リサーチ旭川支店の調べによると、同社は六月に一回目の不渡り(金額合計七千四百三十万円)を出し、内整理に入っていたが、十一日に二回目の不渡り(額面百三十万円)を出した。

同社は昭和二十五年に設立された個人会社で、当初畳製造販売業のみだったが、その後発ぽうスチロールの魚箱製造、家具卸・小売と業態を拡張、八月末には、ショールームの広さだけでも全道一という新店舗(延べ面積一万三千五百平方メートル)をオープンさせたばかり。同リサーチ旭川支店では、負債総額は八億四千万円に及び、過剰設備投資などが原因とみている。連鎖倒産もかなり出そうだ。

債権者会議は十五日、セントラルホテルで開かれる。

北海道新聞
1975/10/14
http://www.hokkaido-np.co.jp/

丸福運輸(株)[砂川市]

会社整理開始(昭和50年(ヒ)第4号)

丸福運輸(株)(砂川市西3条南10丁目2番地)は10月11日、札幌地裁岩見沢支部から会社整理手続開始決定を受けた。

1975/10/20
札幌地方裁判所岩見沢支部

1975年10月 9日 (木)

二興物産(株)[函館市]

不良債権の発生相次ぐ

配管、建設資材卸の二興物産(函館市富岡町183番地の41)は7月21日と10月9日の不渡り発生で銀行取引停止処分となった。負債総額は2700万円内外とみられる。

昨年11月の三水商事、12月にアサヒ建材の倒産で不良債権が発生して苦境に立ち、本年に入って更に小口不良債権などもあり遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1975/11/03
http://www.tsr-net.co.jp/

日章自動車(株)[小樽市]

受注減少、高利資金流用

自動車整備業の日章自動車(小樽市塩谷2丁目10番地)は10月1日と9日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は3100万円内外の見込み。

3年前に工場、自宅の新築で資金が固定化、更に保証債務の発生や受注減少が追い打ちをかけ、高利資金の流用などで切り抜けてきたが、ディーラーから取引を打ち切られ遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1975/10/20
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年10月 8日 (水)

(株)地興石産[大樹町]

大樹 地興石産が関連倒産 六月、操業始めたばかり

【大樹】道内有数の砂利プラントとして昨年、十勝管内大樹町に設立された地興石産(資本金二千万円、川部宏社長)は、親会社である不動産会社、地興(本社・埼玉県浦和市、資本金八百万円、川部宏社長)が九月に倒産したことで関連倒産、操業を停止した。

民間信用調査機関の東京商工リサーチ帯広支店の調べによると、同社は、同町芽武の牧場地内の砂利資源に着目した地興が全額出資で設立した会社で、採取した砂利は十勝港から船で運搬、東京の砂利販売会社に出荷することにして、将来、年間二百万トンを生産する予定だった。今年六月から操業を開始し、同月十五日に運搬船の第一便が十勝港を出港したが、その後、砂利を洗った廃水が地下水を汚染したことで地元農家から苦情が出たため操業を一時停止していた。

親会社の地興は、“田中金脈”につながる不動産会社で年商は五十五億円に上っていたが、“金脈”問題が表明化したのと景気の停滞で経営が悪化、九月八日に浦和地裁に会社更生法の適用を申請、三十二億円の負債を抱えて倒産、同社の全額出資である地興石産も動きが取れなくなった。

地興石産設立には、これまで約四億三千万円が投資されているが、地元の燃料販売、電気、土建、運送などの各業者への未払い分がかなりあるため、同社倒産の影響が心配されている。

北海道新聞
1975/10/15
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1975年10月 7日 (火)

(株)ホテルふじ[帯広市]

「ホテルふじ」が事実上の倒産 負債二億円超す

【帯広】帯広市内の中堅ビジネスホテル「ホテルふじ」(本社・帯広市、資本金三千二百万円、関誠治社長)は、七日までに数千万円に上る不渡り手形を出して銀行取引停止を受け、事実上倒産した。負債総額は二億円を超えるものとみられる。

東京商工リサーチ帯広支点の調べでは、同ホテルは帯広地方でビジネスホテル建設ブームが最盛期に入った四十六年三月に創設。三階建て十三室のビジネスホテルとして営業を開始したが、その後、観光ホテル化で事業を拡大しようとしたのが失敗、四十九年度は約一億一千万円の年商を上げたものの資金繰りが悪化して行き詰まった。

北海道新聞
1975/10/08
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)北地連[札幌市]

北地連が事実上倒産 札幌地裁、保全命令出す

不動産企業の北地連(資本金四千百万円、本社・札幌市)は七日、札幌地裁に会社更生法の適用を申請、八日に同地裁から財産保全命令を受けて、事実上倒産した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ道支社の調べでは、同社の負債額は十五億円を下らない見込み。

北地連は四十五年に設立、土地や家屋のあっせんを行っていたが、四十六年以降、大口不動産の売買にも着手、四十八年には年間売り上げ六十七億円に達する企業に発展した。しかし、四十九年は不況や金融引き締めから売り上げが二十四億円に激減した。加えて四十九年完工した札幌市中央区南五西一一の「北地連ビル」の建設費や金利の返済がうまくいかず、経営が行き詰まり、十月四日、拓銀円山支店で八百万円の手形が不渡りになったため、会社更生法の適用を申請した。

系列会社に北地連建設、北地連綜合企画などがあり、これらへの波及が心配されるほか、札幌市周辺の農家などの地主に影響が出るものとみられる。

北海道新聞
1975/10/10
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1975年10月 4日 (土)

(有)佐々木木工[旭川市]

主販売先の不振で

流し台製作の佐々木木工(旭川市住吉町2条3番地)は9月30日と10月4日、不渡り発生で銀行取引停止処分となった。負債総額は1200万円内外とみられる。

主仕入先の思惑違いから従来の取引慣例と差異を生じ、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1975/10/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年10月 3日 (金)

山陽設備工業(株)[旭川市]

資力弱小、信用薄弱

設備設計施工の山陽設備工業(旭川市5条通18丁目左8号)は9月25日と10月3日、不渡りを出し破綻が表面化した。負債総額は1500万円内外とみられる。

焼却炉、ボイラーの設計施工を手掛けていたが、資力が乏しく対外信用も薄弱なところから行き詰まった。

東京商工リサーチ
1975/10/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)フジヤマ商事[函館市]

資力弱小、新会社で営業続行

珍味品販売のフジヤマ商事(函館市旭町7番6号)は9月27日と10月3日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は2500万円内外の見込み。

資力の乏しいところに回収のズレもあり第1回不渡りを出した。以後決済を続け珍味品製造工場を完成させ、一部取引先にジャンプを要請したものの手違いが生じ今次事態となった。新会社を設立し営業を続行する。

東京商工リサーチ
1975/10/20
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年10月 1日 (水)

富士電線(株)[札幌市]

二回目の不渡り

電線製造の富士電線(札幌市西区手稲稲穂67番地の14)は9月30日と10月1日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は2000万円内外とみられる。

市況悪化で低下傾向となり、設備、業容が負担となって操業すればするほど赤字が累積する状態となったことから、夏場に入って操業を休止、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1975/10/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)陽盟館[札幌市]

破産宣告(昭和50年(フ)第9号)

(株)陽盟館(札幌市中央区大通西15丁目3番地の11)は10月1日、札幌地裁から破産宣告・破産廃止決定を受けた。

1975/10/08
札幌地方裁判所第四部

« 1975年9月 | トップページ | 1975年11月 »