« 1975年6月 | トップページ | 1975年8月 »

1975年7月

1975年7月31日 (木)

兼サ佐々木建設(株)[函館市]

社長所在不明・再三の収拾策空振り

土木工事の兼サ佐々木建設(函館市昭和町105番地)は6月30日と7月31日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は4億1000万円内外とみられる。

設備の増強で償却に追われ収益面は低調、資金操作は多忙を極めるに至り、大口取引先筋と善後策を検討中であったが、6月末に第1回不渡りを出した。その後も社長の所在不明で再建案の同意を得られず、7月末の不渡りとなった。

東京商工リサーチ
1975/08/18
http://www.tsr-net.co.jp/

松田重機(株)[釧路村]

受注減少、第二会社で再建か

土木工事の松田重機(釧路郡釧路村字別保原野南25線62番地の31)は7月30日と31日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は2億円内外の見込み。

工事量の増加に伴ってクレーンその他に多額の設備投資をしたものの、受注量減少がそのまま資金操作に響き、7月末の決済が見送られた。第二会社で再建するべく関係先と折衝を進めている。

東京商工リサーチ
1975/08/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)札幌協販[札幌市]

二回目の不渡り

家具販売の札幌協販(札幌市東区北46条東9丁目833番地)は6月20日と7月31日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。

支払手形は乱発傾向にあり、不渡り後店舗を閉鎖している。

東京商工リサーチ
1975/08/11
http://www.tsr-net.co.jp/

丸北北海建業(株)[札幌市]

受注減、融手操作、再建困難か

鉄骨、建築工事、ボイラー販売の丸北北海建業(札幌市豊平区美園11条4丁目2番地)は7月2日と31日、支払手形の決済がならず銀行取引停止処分となった。負債総額は8000万円内外の見込み。

過小資本を手形ジャンプや融手操作などで繰り回してきたが追いつかなかった。近く債権者会議を開催の予定だが、資産裏付けが皆無などから再建は困難視されている。

東京商工リサーチ
1975/08/11
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年7月30日 (水)

北愛産業(株)[札幌市]

収益率低調、再建困難か

燃料販売の北愛産業(札幌市白石区中央1条3丁目6番地)は7月29日と30日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億3000万円内外とみられる。

従来から仕入先とのトラブルが多いとの評もあり、昭和48年のオイルショック以後の決済条件の短縮や、豊平区水車町に併営する旅館設備資金の固定化などで資金面が圧迫され、採算面も大幅に低下を余儀なくされ行き詰まった。

東京商工リサーチ
1975/08/25
http://www.tsr-net.co.jp/

西川設備機工(株)[札幌市]

不良債権累積、売上不振

冷暖房機器販売、取付の西川設備機工(札幌市中央区北2条東2丁目)は6月30日と7月30日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は6000万円内外とみられる。

昭和49年9月に斉和設備、同年12月にアサノ機工に不良債権が発生して内政が窮迫、どうにか凌いできたものの昨今の不況で遂に堪えられなかった。

東京商工リサーチ
1975/08/11
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)イシヤマスチール機工[札幌市]

受注減で工場新築が空振りとなる

建築金物製作、鉄骨工事のイシヤマスチール機工(札幌市西区発寒1020番地=登記上南区南37条西10丁目)は7月28日と30日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億1500万円内外とみられる。

昭和49年に入ってからは、大型工事の受注が急減、工場新築も空振り状態となり建築資金が重圧、恩借や一部融手の利用や手形ジャンプで切り抜けてきた。経営も放漫気味で、5月に倒産した新菱和建設に焦げ付きが発生以来、取引を敬遠した向きもあって今次事態となった。

東京商工リサーチ
1975/08/11
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)プレハブ鉄建[札幌市]

二回目の不渡り

組立ハウス販売のプレハブ鉄建(札幌市豊平区平岸4条7丁目113番地)は7月25日と30日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。

資金力が乏しく、取引先の進興産業とは融手操作もあったところ、同社の破綻で7月25日の支払手形決済を前に代表者は失踪した。

東京商工リサーチ
1975/08/04
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年7月26日 (土)

(株)庭富士[札幌市]

個人事業失敗、支払手形乱発

造園業の庭富士(札幌市中央区南8条西12丁目779番地)は6月30日と7月26日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億3000万円内外の見込み。

代表者は別に宝石、土地、呉服販売などを手掛けていたものの、不況で業績不振となり、当社名義の支払手形乱発状態となって収拾がつかず破綻した。代表者は家族とともに失踪している。

東京商工リサーチ
1975/08/18
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年7月25日 (金)

(株)緑地開発[札幌市]

分譲地の売れ行き不振

不動産業の緑地開発(札幌市豊平区豊平5条8丁目)は7月21日と25日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億円内外と見られる。

造成規制が厳しくなる一方、売れ行きは鈍り、造成工事代金なども期日書き換えの連続で凌いできたが、長期分割手形で分譲地を販売したことなどで資金が回らず不渡りとなった。現在、営業は続けつつ関係先と善後策を折衝中。

東京商工リサーチ
1975/08/11
http://www.tsr-net.co.jp/

第一サッシ(株)[札幌市]

融手先に連鎖

鋼製建具製作、販売の第一サッシ(札幌市白石区中央3条1丁目)は7月25日に第1回不渡りを出し、店舗を閉鎖して整理に入っている。負債総額は1億3000万円内外とみられる。

概ね無難な推移と見られていたが、今期の受注は減少傾向で、先に倒産した進興産業及びプレハブ鉄建と融手関係にあったところ、両社の破綻で連鎖的に行き詰まった。

東京商工リサーチ
1975/08/11
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)立岡自動車整備工場[赤平市]

回収長期化に決済期間短縮

自動車整備、販売の立岡自動車整備工場(赤平市字共和194番地)は7月7日と25日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。

中古車販売部門は長期割賦回収に反し、ディーラーの決済条件は短縮化の傾向にあるため収支バランスが崩れ、第1回不渡り後の24日に善後策を協議していたが、結論を得ぬまま25日の不渡り発生となった。

東京商工リサーチ
1975/08/04
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年7月23日 (水)

(株)広島組[室蘭市]

設備投資に受注伴わず

土木工事、重機賃貸の広島組(室蘭市日の出町目20番4号)は、7月23日頃より代表者の所在が判明せず、25日の支払手形が不渡りとなった。負債総額は1億円内外と見られる。

受注量が横這い気味のところに、安易な設備投資が資金面を圧迫していた。支払手形決済資金、労賃などの目途が立たなかった。今後の見通しは立っていない。

東京商工リサーチ
1975/08/04
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年7月21日 (月)

日本ボーリングサービス(株)[札幌市]

二回目の不渡り

ボウリング用品販売の日本ボーリングサービス(札幌市中央区南22条西11丁目)は6月30日と7月21日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。

一時的に人気を集めた時代は妙味ある業績を残したが、その後の業界の衰微でジリ貧状態となり、業界に適応して事業の縮小など対策を講じてきたものの追いつかなかった。

東京商工リサーチ
1975/08/04
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)寿ギフト商事[札幌市]

不良債権の発生や商品のクレームで

贈答品用砂糖卸売の寿ギフト商事(札幌市東区北12条東2丁目)は7月18日と21日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。

本州の取引先の倒産による不良債権の発生や、商品に対するクレームの発生などが資金操作に影響し今次事態となった。現在、主要関係者と協議中だが先行きは流動的。

東京商工リサーチ
1975/08/04
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年7月18日 (金)

まるふく物産(株)[砂川市]

会社整理開始(昭和50年(ヒ)第3号)

まるふく物産(株)(砂川市西3条南10丁目2番地)は7月18日、札幌地裁岩見沢支部から会社整理手続開始決定を受けた。

1975/07/26
札幌地方裁判所岩見沢支部

 

和議開始(昭和50年(コ)第1号)

整理会社まるふく物産(株)(砂川市西3条南10丁目2番地)は7月28日、札幌地裁岩見沢支部から和議手続開始決定を受けた。

管財人は南山富吉弁護士(岩見沢市)。

債権届出の期間は昭和51年8月31日まで、債権者集会の期日は昭和51年9月20日午後1時。

1976/08/04
札幌地方裁判所岩見沢支部

1975年7月13日 (日)

(株)東興商産[釧路市]

売掛金携帯し代表者失踪

鋼材、水道機材、住宅設備機器販売の東興商産(釧路市新富町11番1号)は7月13日前後に代表者の所在が不明となり、破綻が表面化した。負債総額は2000万円内外とみられる。

過小資本の後発業者であるため販売には相当無理してした模様で、内情は相当乱脈で現時点では不渡りは出ていないものの再建見通しは全くない。

東京商工リサーチ
1975/07/21
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年7月11日 (金)

日章水産(株)[札幌市]

東京進出が裏目か

海産物卸の日章水産(札幌市中央区大通東2丁目14番地)は7月5日と11日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億5000万円内外とみられる。

昭和49年8月に東京支店を開設したが、業拡に伴って資金操作は多忙化、更に市内取引先とのトラブル発生で業域が狭められ逼迫し行き詰まった。

東京商工リサーチ
1975/07/28
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年7月 9日 (水)

丸松日晃産業(有)[旭川市]

再三の整理で資力弱体、対外信用薄弱

土木工事の丸松日晃産業(旭川市神居町忠和7番地)は6月30日と7月9日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は3000万円内外の見込み。

昭和47年8月に行き詰まり、50年3月に内整理していた。受注面も思わしくなくまたも行き詰まった。

東京商工リサーチ
1975/07/28
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年7月 7日 (月)

中央鉄工(株)[苫小牧市]

三栄建設工業の余波

鉄骨組立工事の中央鉄工(苫小牧市双葉町1丁目8番14号)は7月7日と11日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億2000万円内外の見込み。

昭和47年9月に植苗工場を建設以来資金操作は多忙のところ、49年1月に倒産した池田工務店に焦げ付きが発生、融手や高利資金の流用で凌いできたが、取引先の三栄建設工業北城商事の破綻が決定的打撃となった。

東京商工リサーチ
1975/07/28
http://www.tsr-net.co.jp/

稲穂工業(株)[札幌市]

焦げ付き累積・先行き流動的

荷役機械製作、製缶の稲穂工業(札幌市東区東苗穂町667番地)は7月5日と7日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は8000万円内外とみられる。

昭和47年4月に中山機械商事、49年9月に北研プラニング、北城商事の倒産で更に焦げ付きが発生し今次事態となった。現在、工場は某金融会社が押さえており今後の動向は同金融会社の出方にかかっている様子。

東京商工リサーチ
1975/07/21
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年7月 5日 (土)

中島金属商産(株)[札幌市]

二回目の不渡り

屋根工事、資材販売の中島金属商産(札幌市豊平区美園3条5丁目)は6月30日と7月5日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。

後発業者のため円滑を欠く面があった。営業は続行中。

東京商工リサーチ
1975/08/04
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)睦建設[岩見沢市]

融手先倒産、設備負担

土木工事の睦建設(岩見沢市日の出町159番地)は6月30日と7月5日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は1億2700万円とみられる。

融手先が次々に倒産して焦げ付き債権が生じ、また、融手の発覚で取引金融機関の信用も薄らぎ、設備機械の増設などが負担となって行き詰まった。

東京商工リサーチ
1975/07/28
http://www.tsr-net.co.jp/

村井商事(株)[札幌市]

二回目の不渡り

車輌用品、建設機械販売の村井商事(札幌市北区北17条西4丁目)は6月30日と7月5日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。

建設機械、公害機器、砂利販売などを計画したが、仕入先の協力が得られず、不渡り事故を起こした。

東京商工リサーチ
1975/07/21
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)伊勢産業[札幌市]

二回目の不渡り

土木工事、骨材販売の伊勢産業(札幌市白石区中央1条2丁目)は6月30日と7月5日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。

先に倒産した札建興業の連鎖。

東京商工リサーチ
1975/07/21
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)大中ユタカ物産[札幌市]

二回目の不渡り

骨材運搬、販売の大中ユタカ物産(札幌市中央区南3条西13丁目)は6月30日と7月5日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は3000万円内外とみられる。

ユタカ産業の支援を受けていたが、同社との関係を打ち切られ、業種の転換を図っていたが、6月30日の融手決済を見送った。

東京商工リサーチ
1975/07/21
http://www.tsr-net.co.jp/

丸正長田建設(株)[札幌市]

放漫経営、代表者所在不明

建築工事の丸正長田建設(札幌市白石区栄通18丁目)は7月5日、支払手形を不渡りとし、代表者は姿を消して破綻が表面化した。負債総額は1億5000万円内外の見込み。

資金力弱体の中に経営は放漫で、工事量の増加に伴い資金需要も多忙となり支払面も円滑を欠き、一部取引先も手を引くようになっていた。

東京商工リサーチ
1975/07/21
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年7月 3日 (木)

(株)田原商店[函館市(亀田市)]

同業集中し業績不振

酒類、食料品小売の田原商店(函館市富岡町215番地)は6月28日と7月3日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。

新興住宅地で人口は急増したものの、大型スーパーが次々と参集したため競合が激化、資金操作が多忙となり今次事態となった。現在営業を続けつつ善後策に奔走中。

負債総額は2億5000万円内外の見込み。

東京商工リサーチ
1975/07/28
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)三和測量[旭川市]

融手先倒産・営業続行

測量業の三和測量(旭川市神居2条9丁目60番地)は5月6日と7月3日の不渡りで銀行取引停止処分となった。負債総額は1800万円内外とみられる。

昭和49年12月の北開測機の倒産で焦げ付き、資金計画が狂ったところに、3月の東西建設の破綻で更に融手の被害を受け今次事態となった。手持ち受注を抱えているので営業を続けつつ具体案を検討中。

東京商工リサーチ
1975/07/14
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年7月 2日 (水)

合同企業(株)[札幌市]

ホテル経営で失敗

ホテル経営、不動産賃貸の合同企業(札幌市北区北6条西1丁目4番地)は6月30日と7月2日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は3億4000万円内外とみられる。

自己所有の不動産賃貸から旅館「二幸苑」の経営に移り、昭和48年には旅館の一部を取り壊しホテルを建設したが、計画がズサンで建築費が当初計画より上回り、更に利用客も少なく資金繰りは多忙、つなぎ資金を拓銀から調達したが、6月から始まった建築費の残金の決済がならなかった。

東京商工リサーチ
1975/07/21
http://www.tsr-net.co.jp/

三栄建設工業(株)[登別市]

二回目の不渡り

製缶、機械器具据付工事の三栄建設工業(登別市栄町3丁目16番地9)は6月30日と7月2日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は2億8000万円内外とみられる。

昭和47年3月に行き詰まり、北城商事の支援で再建に努めていたが、旧債を抱えて資金繰り多忙のところに受注量も減少、北城商事への依存度が高くなっていたが、同社も当社に対する負担が重荷となり整理に入ったため行き詰まった。

東京商工リサーチ
1975/07/14
http://www.tsr-net.co.jp/

1975年7月 1日 (火)

北興物産(株)[江別市]

土木部門で焦げ付き累積

金庫販売、土木工事の北興物産(江別市幸町22番地)は6月30日と7月1日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は9000万円内外とみられる。

主力の金庫は、金融機関を得意先に無難の業績を維持していたが、土木部門に焦げ付き債権が発生したことから行き詰まった。

東京商工リサーチ
1975/07/28
http://www.tsr-net.co.jp/

野田商事(株)[札幌市]

二回目の不渡り

不動産、金融の野田商事(札幌市中央区南4条西7丁目)は6月30日と7月1日、不渡りを出し銀行取引停止処分となった。

経営の放漫から多額の融手が焦げ付き、土地買取手形の決済に詰まった。

東京商工リサーチ
1975/07/21
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1975年6月 | トップページ | 1975年8月 »