« 1971年5月 | トップページ | 1971年7月 »

1971年6月

1971年6月30日 (水)

アサヒ鋳造工業(株)[旭川市]

アサヒ鋳造倒産 開発費、不良在庫かさみ 負債八億円

ソーラーフロガマの銘柄で知られる道内石油ストーブ業界の有力メーカーであるアサヒ鋳造工業(本社旭川、菊地正太郎社長、資本金一千八百万円)が六月三十日、二千万円の不渡り手形を出し、一日銀行取り引き停止処分となって倒産した。負債総額は約八億円で、ことしの道内企業倒産では五番目の規模である。

同社は昭和二十一年に創業して以来、フロガマを製造してきたが、その後石油ストーブも手がけ四十年には重油ストーブを開発する一方、昨年からはソーラーフロガマの生産にも着手した。

だが、石油ストーブ業界の競争が激しいうえ、製品開発費や不良在庫がかさんで四十四年度売り上げ高は七億四千万円、四十五年度は六億九千万円に減少し、ことしにはいってからは資金繰りに四苦八苦していた。

同社は昭和三十一年に中小企業合理化モデル工場の指定を受けたのをはじめ翌三十二年には優良製品企業として通産大臣表彰に輝くなど業界の中堅企業として定評があった。

同社の再建については取り引き商社などが中心となって進めており、五日に債権者会議を開いて新会社を設立し、立て直しを図るものとみられている。

北海道新聞
1971/07/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1971年6月17日 (木)

農林技研(株)[札幌市]

破産宣告(昭和46年(フ)第8号)

農林技研(株)(札幌市手稲東3南3丁目1番地)は6月17日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は廣谷陸男弁護士(札幌市)。

債権届出期間は昭和46年7月15日まで、第1回の債権者集会の期日は昭和46年7月30日午後1時、債権調査の期日は昭和46年7月30日午後1時。

1971/06/23
札幌地方裁判所第二部

« 1971年5月 | トップページ | 1971年7月 »