« 茨戸観光(株)[札幌市] | トップページ | (株)辨野組[釧路市] »

1970年12月14日 (月)

松岡木材産業(株)[旭川市]

松岡木材が倒産 拓銀などのテコ入れ実らず

王子製紙、拓銀などのテコ入れによって再建のスタートを切ったばかりの道内木材業界の大手、松岡木材産業(本社旭川、資本金一億五千万円)が十四日、旭川地裁に会社更生法適用を申請、同日、同地裁から財産保全命令が出され倒産した。負債総額は約三十億円で、ことし倒産した道内企業の中では最大の規模。

松岡木材は明治四十年の創業で旭川市近文に製材、合板工場を建設し、造材のほか製材、合板、土木建築業などにも手を広げてきた道内木材業界のしにせ。

同社は昭和三十五年、三億五千万円を投入してハードボード工場を設立したが、合板の対米輸出不振がたたって経営が悪化、このため間もなく同工場を閉鎖した。さらに同社にとっては主体部門の一つである製材が“原木高の製品安”で経営をいっそう悪化させ、売り上げ高も四十二年二十四億二千万円、四十三年二十九億六千万円、四十四年三十四億一千万円と期待したほど伸びなかった。

このため今春、同社のメーンバンクである拓銀のあっせんで王子製紙が松岡木材の救済に乗り出し、三者会談によって(1)近文工場の製材部門を松岡木材から切り離し、王子製紙、王子木材、松岡木材の共同出資で新会社『愛山林業』を設立する(2)松岡木材は合板の本体部門だけに経営規模を縮小する―などの再建策を固め、すでに愛山林業は操業を開始している。

この間、王子製紙は松岡木材に対し数億円を援助、拓銀も十一月末、四千万円の手形決済を肩代わりする一方、八日には同社従業員の給料を代わって支払うなどのテコ入れをしてきた。

しかし、松岡木材のこの合理化案については必ずしも同社幹部の足並みがそろわず、これが信用不安を増大させ、最近では拓銀以外の金融機関はほとんど同社との取り引きを解消した。

同社の会社更生法適用申請申し立て書によると『昨年九月以降とされた政府の金融引き締め政策によって資金難に陥り、債務の弁済が不可能になった』としている。

同社の負債総額約三十億円は道内倒産企業ではことし最大で、他の関連企業や木材業界に波及するのではないかと心配されている。なお、愛山林業はそのまま存続する。

北海道新聞
1970/12/15
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 茨戸観光(株)[札幌市] | トップページ | (株)辨野組[釧路市] »

08 上川」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/38759198

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡木材産業(株)[旭川市]:

« 茨戸観光(株)[札幌市] | トップページ | (株)辨野組[釧路市] »