« 1970年10月 | トップページ | 1970年12月 »

1970年11月

1970年11月30日 (月)

北王興業(株)[札幌市]

“マイホーム”の夢に暗影 北王興業ピンチ 宅地分譲 三百人、頭金納入ずみ

宅地開発ブームの札幌で業界トップクラスの北王興業(資本金二千万円)が二千万円の不渡り手形を出し、経営が行き詰まった。このため同社の請け負い工事をしている宅地造成業者や地主ら債権者が手形の回収に乗り出しているが、同社の内整理により、マイホームを夢みるお客への波及が心配されている。

北王興業は昭和三十八年、札幌市新琴似地区の大地主である社長が資本金百万円で設立、昨年春から札幌市内の太平、篠路両団地で約二十一万四千五百平方メートルの用地を取得して宅地造成にかかった。この時、同社は両団地の造成費と土地買収費合わせ三億七千万円の支払い額に対し、分譲が二億円ていどしか売れなかったため資金繰りが悪化、先月下旬には札幌国税局から滞納額二千三百万円の差し押え処分を受け、経営がマヒ状態に陥っていた。

また、十一月二十五日には五百万円の不渡りを出したが、同社の工事を請け負っている菱東東亜興業(本社札幌)がこれを買い戻してピンチを脱した。しかし十一月三十日にはさらに二千万円の不渡り手形を出したことから筆頭債権者の菱東東亜興業をはじめ、同社に土地を売却した地主五人が協力して手形の回収に乗り出し、すでに一日正午現在、千四百万円を回収した。

造成工事の終了した太平、篠路両団地の四万九千五百平方メートルは引き続き分譲しているが、このうち約一万八千平方メートルは宅地購入者の名義登記が終わっておらず、そのほとんどが頭金五万―十万円を納めた“マイホーム志願者”で三百人はいるものとみられる。

菱東東亜興業の社長は『社長とも話し合って私を中心とした債権者で会社を再建することになった。近く債権者会議を開いて現役員は総退陣してもらう。小口の土地取得契約をしている市民が多数いると聞いているので、迷惑がかからないよう全力を尽くす』といっている。

北海道新聞夕刊
1970/12/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1970年11月20日 (金)

(株)森石油店[鵡川町]

破産宣告(昭和45年(フ)第1号)

(株)森石油店(勇払郡鵡川町字鵡川240番地)は11月20日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川忠利弁護士(苫小牧市)。

債権届出期間は昭和45年12月10日まで、第1回の債権者集会の期日は昭和45年12月17日午前10時、債権調査の期日は昭和45年12月17日午前10時。

1970/11/28
札幌地方裁判所室蘭支部

1970年11月 6日 (金)

朝日酒造(株)[釧路市]

釧路の朝日酒造も廃業

道内の中小酒造メーカーは、有名銘柄に押されて苦境に陥っているが、札幌の中川酒造に続いて釧路の朝日酒造(深谷清五郎代表社員、資本金千三百万円)も廃業することになり、十八日、釧路税務署に免許取り消し申請を出す。

同社は昭和六年に操業を開始『摩周』『朝日桜』のブランドで釧路市周辺を地盤に、最盛期には年間七百二十キロリットルの酒造量を示していたが、昨年度は五百キロリットル程度に落ち込んでいる。

酒造業界は銘柄選別時代にはいって、地酒は大手メーカーに食われる一方で、同社は六月に廃業を決意、負債はすでに返済、在庫整理も順調に進んでいるという。

北海道新聞
1970/11/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1970年11月 4日 (水)

(株)太田建材[小樽市]

破産宣告(昭和45年(フ)第4号)

(株)太田建材(小樽市入船4丁目24番11号)は11月4日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は宮沢純雄弁護士(小樽市)。

債権届出期間は昭和45年11月29日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和45年12月9日午後1時。

1970/11/10
札幌地方裁判所小樽支部

« 1970年10月 | トップページ | 1970年12月 »