« 1970年3月 | トップページ | 1970年5月 »

1970年4月

1970年4月30日 (木)

(株)やまじう百貨店[美唄市]

美唄 やまじう百貨店、倒産 負債総額は一億円以上

【美唄】美唄市内の総合小売り店、株式会社やまじう百貨店(資本金一千万円)が四月三十日、約三百万円の不渡りを出して倒産、下村社長は四月二十六日から行方不明となっている。同店の負債総額は一億円以上とみられ地元業者の関連倒産も心配されている。

同百貨店は美唄本店のほか岩見沢、滝川両市にあり、三店合わせて従業員は七十五人。衣類、食料品、雑貨などの総合小売り店で年商は約三億円。最近同業者間の競争が激化しているうえ炭鉱合理化などによる消費人口減で経営が悪化したため、増資や銀行融資による立て直しをはかったがいずれもうまくゆかず、四月三十日から本、支店とも閉店している。

社長が行方不明のため、大口債権者の金融機関や、五十人以上といわれる一般債権者は二日現在まだ正式に債権者会議を開けないでいるが、一部の問屋などはすでに店内の商品を引き揚げている。

美唄商工会議所は四日、緊急三役会議を開き倒産対策を検討するほか、市商工課でも関連倒産を防ぐため中小企業倒産関連融資制度の利用について検討している。

北海道新聞
1970/05/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1970年4月 4日 (土)

(株)ホテル北都[札幌市]

更生手続開始(昭和45年(ミ)第2号)

(株)ホテル北都(札幌市北4条西5丁目1番地)は4月4日、札幌地裁から更生手続開始決定を受けた。

更生債権、更生担保権の届出期間(提出先札幌地方裁判所会社更生事件係)は昭和45年5月4日まで、第1回関係人集会の期日は昭和45年5月29日午後1時、場所・札幌地方裁判所会議室、会議の目的・管財人の報告を聞き、かつ利害関係人より管財人の選任ならびに業務財産の管理に関する意見を聞くこと。更生債権および更生担保権調査期日は昭和45年5月29日午後1時、場所・札幌地方裁判所会議室。

更生会社の債務者および更生会社の財産の所持者は、更生会社に弁済したりまたは右財産を交付してはならない。右弁済または財産の交付は更生手続中は、すべて管財人に対してしなければならない。右の者らは、右の債務を負担することまたは右財産を所持することを昭和45年5月4日までに管財人に届出なければならない。

1970/04/10
札幌地方裁判所第一部

1970年4月 3日 (金)

十勝生コンクリート(株)[広尾町]

破産宣告(昭和44年(ミ)第1号)

十勝生コンクリート(株)(広尾郡広尾町字茂寄11番地)は4月3日、釧路地裁帯広支部から更生手続開始決定を受けた。

更生債権および更生担保権の届出期間は昭和45年6月10日まで、第1回関係人集会の期日は昭和45年5月25日午前10時(釧路地方裁判所帯広支部において)、更生債権および更生担保権調査の期日は昭和45年7月6日午前10時(釧路地方裁判所帯広支部において)。

更生会社の債務者はその債務を更生会社に弁済してはならない。更生会社の財産の所持者はその財産を更生会社に引渡してはならない。更生会社の債務者および財産所持者はこの公告の日から一箇月内に債務を負担すること又は財産を所持することを管財人に届け出なければならない。

1970/04/10
釧路地方裁判所帯広支部

« 1970年3月 | トップページ | 1970年5月 »