« 1968年12月 | トップページ | 1969年2月 »

1969年1月

1969年1月31日 (金)

八田鉱業(株)[平取町]

八田鉱業(平取)も 共石の連鎖倒産

ガソリンスタンドの大手『共同石油』(本社・札幌市)の倒産によって、北見、札幌両市の関連五社が連鎖したが、さらに『八田鉱業』(本社・日高管内平取町)も一月三十一日、不渡りを出して倒産した。

同社は『共同石油』の融通手形グループに加わっていたもので、負債総額は現在までのところ約三億円にのぼる見込み。ガソリンスタンド経営のほか、土木、製材業を兼業している。

北海道新聞
1969/02/04
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

更生手続開始(昭和44年(ミ)第1号)

八田鉱業(株)(札幌市南9条西4丁目429番地)は6月10日、札幌地裁から更生手続開始決定を受けた。

更生債権および更生担保権の届出期間は昭和44年7月5日まで、第1回関係人集会の期日は昭和44年8月4日午後1時、場所・札幌市大通西13丁目札幌地方裁判所会議室、目的・イ、管財人の調杳報告聴取、ロ、管財人、利害関係人からの管財人の選任、会社の業務、財産の管理に関する意見の聴取。更生債権および更生担保権調査の期日は昭和44年8月4日午後1時、場所・札幌市大通西13丁目札幌地方裁判所会議室。

更生会社の債務者および更生会社の財産の所持者は、更生会社に弁済し、またはその財産を交付してはならない。右弁済または財産の交付は、更生手続中においては、すべて管理人に対してしなければならない。右の者らは、右の債務を負担することまたは右財産を所持することを昭和44年7月5日までに管財人に届け出なければならない。

1969/06/17
札幌地方裁判所会社更生事件係

1969年1月16日 (木)

道南ゴム(株)[函館市]

道南ゴム(函館)が倒産 23日に第一回債権者会議

ゴム手袋、はき物の中堅メーカー『道南ゴム』(本社・函館市高盛町、資本金二千六百万円)が経営不振のため、このほど倒産した。

同社は三十一年に経営の行き詰まった有限会社道南ゴム工業所を改組して発足、従業員二百二十人で農漁業用のゴム手袋、はき物など年間約三億円を生産している。数年前、本州の取り引き先三社が倒産し、約三千万円の債権が回収不能となった。これをばん回するため四十一年八月に青森県木造町にビニール手袋工場を新設したが、業績が上がらず資金繰りに行き詰まり、十六日に三百万円の不渡り手形を出して倒産した。

同社の負債総額は帝国興信所函館支店の調べでは、約三億八千万円にのぼるものと推定されている。

また従業員の離散を防ぐために同社は現在、道南ゴム労組(組合員二百人、二階堂誠委員長)の管理で生産を続けており、二十三日に第一回の債権者会議が開かれる。

北海道新聞
1969/01/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1968年12月 | トップページ | 1969年2月 »