« 1964年11月 | トップページ | 1965年1月 »

1964年12月

1964年12月31日 (木)

北産商事(株)[名寄市]

北産商事、焦付きからジリ貧で

〔旭川〕砂利採取販売、運輸、北産商事(名寄市西2条南4丁目7)は昨年12月下旬名寄信金で不渡り事故を起こし、破綻した。

38年4月焦付きを生じ造材部門を廃した。その後砂利納入を主体に営業、このため扱高は激減、さらに金融関係、取引先との関係が薄れたので資金繰りに窮し行詰ったもの。

北海道版帝興情報
1965/03/15
http://www.tdb.co.jp/

(株)長繩組[札幌市]

長繩組は焦付きと設備過重で

〔札幌〕土木建築工事請負、長繩組(札幌市北16条東7丁目、事実上の本店美唄市大通北3丁目)は昨年12月末に不渡り事故を起こし行詰りを表面化、整理にはいった。

地方の工事で多額の赤字を出したのを初め三和土建(奈井江)の倒産に焦付いたうえ小口貸倒れがかさんだほか発注を予定していた秋季造田工事が不調に終わり、焦付き累積と設備過重が命取りとなったもの。

北海道版帝興情報
1965/02/11
http://www.tdb.co.jp/

東栄商事(株)[札幌市]

東栄商事不渡り、薄弱な資力

〔札幌〕食料品・繊維製品・日用雑貨卸、東栄商事(札幌市南8条西5丁目)は昨年12月31日北洋相互銀行(薄野)で不渡り、金融破綻した。

最近は贈答品販売と喫茶店経営などにも手を染めたが、たびたびの不義理から仕入筋の警戒もあり、現在店舗は未改装のまま放置されているほか喫茶店も資本投下のまま推移している。

北海道版帝興情報
1965/01/28
http://www.tdb.co.jp/

小樽小型自動車運送(株)[小樽市]

小樽小型自動車運送が破綻

〔小樽〕小型貨物自動車運送、小樽小型自動車運送(小樽市色内町6の78)は旧冬12月31日三井銀行(小樽)で5枚を不渡り、破綻した。

同業の競争激化から採算割れの業状をたどっていたうえ、最近は小口貸倒れの累積もあって資金繰りに悩んでいた。年末の決済資金に詰まり仕入先に支払いの繰り延べを懇請したが一蹴され、不渡り事故を起こし、6日には銀行取引停止処分を受けた。

北海道版帝興情報
1965/01/14
http://www.tdb.co.jp/

(株)やすい[旭川市]

やすい、投資が重荷で内整理

〔旭川〕靴・履物販売、やすい(旭川市1条通8丁目右1号)は昨年、他業に投資したのが失敗、資金に詰まり、内整理にはいった。

経営ぶりが放漫で資金繰りに苦しみながら昨年3月平和自動車学校の設立に投資したのが以後の運営に大きく響き、不渡り以前にこのほど内整理に踏み切ったもの。

北海道版帝興情報
1965/02/04
http://www.tdb.co.jp/

1964年12月30日 (水)

(株)柴野商店[小樽市]

柴野商店、再び行詰る

〔小樽〕漁網・漁具販売、柴野商店(小樽市手宮町3の12)は旧冬12月30日北海道拓殖銀行(手宮)で不渡り行詰った。

昨春来の不漁続きから売掛金の回収不順にあい自己資力がまだ回復しきらず弱体だったため年末に至って資金ショートをきたした。

北海道版帝興情報
1965/01/14
http://www.tdb.co.jp/

1964年12月28日 (月)

(株)マルエ燃料[札幌市]

マルエ燃料も、再建は至難

石炭・プロパンガス・暖房器具・金物販売、マルエ燃料(札幌市大通東11丁目)は昨年12月28日北陸銀行(苗穂)と中央信用組合で約手6枚を不渡りして破綻を表面化した。

資力が薄弱なため高利金融に依存し、資金繰りをつけていた。しかしその金利負担などもあって融通手形の交換で経理面を操作、ノーリツ産業の破綻に連鎖したもの。

北海道版帝興情報
1965/02/08
http://www.tdb.co.jp/

(有)北興社印刷所[札幌市]

北興社印刷所行詰る

〔札幌〕印刷業、北興社印刷所(札幌市南3条西9丁目)は旧冬12月28日北洋相互銀行(南6条支店)で不渡り事故を起こし行詰りを表面化した。

収支手一杯に推移、資金面に余裕がなかったところ今期は受注減と回収不順からジリ貧商状をたどり金融手当てもつまぬまま決済不能に陥ったもの。

北海道版帝興情報
1965/01/14
http://www.tdb.co.jp/

越橋建設(株)[札幌市]

越橋建設、年末決済つかず

〔札幌〕重機賃貸、整地、越橋建設(札幌市南2条西6丁目北産ビル内)は旧冬12月28日神戸銀行(札幌)で不渡り、破綻を表面化した。

年末から融雪期までは受注減で業態は伸び悩んだうえ焦付きを生じ、一応借入金で切抜けたものの資力不足がたたり年末の決済資金に詰まったもの。

北海道版帝興情報
1965/01/14
http://www.tdb.co.jp/

1964年12月26日 (土)

(株)丸大大滝商店[函館市]

大滝商店、前川・石黒組に連鎖

〔函館〕建設機械・工具・金物販売、丸大大滝商店(函館市海岸町97)は昨年12月26日北海道相互銀行(函館)で不渡り、行詰った。

昨年12月上旬、前川組の倒産、また同下旬の石黒組の破綻にも貸倒れを生じ、ついに3回目の内整理にはいったもの。

北海道版帝興情報
1965/02/11
http://www.tdb.co.jp/

(有)服部商店[札幌市]

破産宣告(昭和39年(フ)第11号)

(有)服部商店(札幌市南2条西22丁目62番地)は12月26日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は野切賢一弁護士(札幌市)。

債権届出期間は昭和40年1月16日まで、第1回の債権者集会の期日は昭和40年1月25日午前10時、債権調査の期日は昭和40年1月25日午前10時。

1965/01/09
札幌地方裁判所民事第一部

1964年12月25日 (金)

北進重機工業(株)[札幌市]

北進重機工業不渡り 車輛引揚げられる

〔札幌〕建設機械賃貸、工事請負、北進重機工業(札幌市北23条東7丁目)は昨年12月25日北海道拓殖銀行で約手を不渡り取引停止処分を受けた。

開業後日が浅く東京方面の受注を得て切りまわしていたが年末に至り資金手当てに違算を生じたもの。

北海道版帝興情報
1965/01/14
http://www.tdb.co.jp/

富永建設(株)[美深町]

富永建設、再度の危機乗切れず

〔旭川〕土木建築請負、富永建設(中川郡美深町東2条北1丁目1)は昨年12月25日名寄信金(美深)で不渡り事故から破綻した。

ここ数年は赤字経営を続け、38年末に一度内整理説が債権者内に出たものの1年猶予による好転が期待されていた。しかし本年は天候不順もあって出費がかさみ資金面で逼迫行詰った。

北海道版帝興情報
1965/01/07
http://www.tdb.co.jp/

1964年12月24日 (木)

北海道木材化学(株)[旭川市]

更生手続開始(昭和39年(ミ)第1号)

北海道木材化学(株)(旭川市北門町19丁目2171番地の1)は12月24日、旭川地裁から更生手続開始決定を受けた。

更生債権、更生担保権および株式の届出期間は昭和40年2月22日まで、第1回関係人集会の期日は昭和40年2月19日午後1時(旭川商工会議所でひらく)会議の目的 管財人の調査報告・利害関係人の意見開陳、更生債権・更生担保権の調査の期日は昭和40年3月26日午後1時(旭川商工会議所でひらく)。

更生会社の債務者は、その債務を更生会社に弁済してはならない。更生会社の財産の所持者は、その財産を更生会社に交付してはならない。更生会社の債務者および財産の所持者は、この公告の日から一月内に債務を負担すること、又は財産を所持することを管財人に届け出なければならない。

1965/01/09
旭川地方裁判所民事部

1964年12月23日 (水)

日東自動車工業(株)[帯広市]

日東自動車、資金難で破綻

〔帯広〕軽自動車・2輪車販売、自動車ボデー製作修理、日東自動車工業(帯広市東1条南3-20)は12月23日北洋相互(帯広)で不渡り、行詰りを表面化した。

本年4月従来のホンダとの代理店契約を解消、スズキの単一サブ店として同社の全車種販売に転換したがこの時点で売行き不調のもようだったのに加え、マイナス面が相次ぎ冷害不況の影響もあって売掛回収が計画通り進まず金融悪化を告げ危機説がうわさされていた。このためメーカーへの支払手形書換え繰延べ策も不調に終わり、ついに不渡りを演じて破綻した。

北海道版帝興情報
1965/01/07
http://www.tdb.co.jp/

1964年12月21日 (月)

大希建設産業(株)[江別市]

大希建設産業つまずく

〔札幌〕土木建築、大希建設産業(江別市野幌町69)は昨年12月21日秋田銀行(札幌)で不渡り、行詰った。

今期は農村方面で未収金を生じ、赤字工事もあって資金繰りに窮した。

北海道版帝興情報
1965/01/14
http://www.tdb.co.jp/

1964年12月18日 (金)

(有)寒河江木材店[小樽市]

寒河江木材店も整理入り

木材・建材販売、寒河江木材店(小樽市潮見台町46)は18日不良焦付の累積から経営不能となり整理にはいった。

本年にはいって焦付きを生じて資金繰りに苦しみ、仕入れも渋滞してジリ貧をたどり、ついに経営続行を断念、整理にはいったもの。

北海道版帝興情報
1964/12/24
http://www.tdb.co.jp/

1964年12月16日 (水)

サニー工業(株)[芦別市]

産炭地振興の蹉跌第1号 サニー工業が操業中止

被服縫製、サニー工業(芦別市上芦別町)は16日操業を中止、現在再建策を協議している。

経営陣の経験不足もさることながら自己資力の薄弱が響き先月11日には経営規模縮小による乗切りを策し、従業員50人を減員、その後は30人で続行したが11月末に専務が北海道銀行(札幌駅前)で約手を不渡りして同社にも以後の資金繰りについてかなりの影響を受け、16日にいたり運転資金のメドが立たぬため休業のやむなきに至った。

北海道版帝興情報
1964/12/28
http://www.tdb.co.jp/

北拓林業(株)[江別市]

北拓林業ついに行詰る 負債総額3億円超す 北製紙、三菱も支援打切りか

製材・製函、チップ製造、北拓林業(江別市上江別27)は16日不渡り事故を起こし行詰りを表面化した。

北日本製紙の支援から業面は拡大したものの資金面の多忙は免れず、とくに素材の仕入れ時には金融に苦慮、さらに素材の入手難から最近は買材にたよる度合いがとみに増して資金面を圧迫したうえ今夏までに焦付きを生じ、借入金と同業間の融手操作で切抜けるなど経理面にズサンさが目立つようになっていた。これに収益性が薄く業況もジリ貧をたどって従来の大口支援先である三菱商事、北日本製紙なども今後の救済を足ぶみしたため支手決済のメドを失い、破綻を露呈するに至った。

北海道版帝興情報
1964/12/24
http://www.tdb.co.jp/

1964年12月15日 (火)

三共建設(株)[札幌市]

三共建設が不渡り

建築、土木工事請負、三共建設(札幌市南1条東3丁目)は15日北海道銀行(創成)で不渡り、行詰りを表面化した。

今期は官庁工事の受注少なく民間分は前受金がないうえ回収不順を余儀なくされて資金的に苦境に立たされ、金融筋の結びつきも弱かっただけに支手決済がつかなかったもよう。

北海道版帝興情報
1964/12/28
http://www.tdb.co.jp/

1964年12月14日 (月)

山越興業(株)[札幌市]

山越興業、採算割れで破綻

土木工事請負、山越興業(札幌市南6条西13丁目1)は14日北海道拓殖銀行(札幌西)で不渡り、行詰った。

民間受注が主体だけに単価が安く赤字工事に悩み、今期も重車輛の買掛けや採算割れ工事があって行詰ったもの。

北海道版帝興情報
1964/12/28
http://www.tdb.co.jp/

(株)朝里温泉[小樽市]

更生手続開始(昭和36年(ミ)第5号)

(株)朝里温泉(小樽市豊倉町693番地)は12月14日、札幌地裁から更生手続開始決定を受けた。

更生債権、更生担保権および株式の届出期間は昭和40年1月15日まで、第1回関係人集会の期日は昭和40年2月1日午後1時、場所・札幌地方裁判所会議室、会議の目的・管財人の報告を聞き、かつ利害関係人より管財人の選任ならびに業務財産の管理に関する意見を聞くこと。更生債権および更生担保権調査期日は昭和40年2月1日午後1時(場所札幌地方裁判所会議室)。

更生会社の債務者および更生会社の財産の所持者は、更生会社に弁済したりまたは右財産を交付してはならない。右弁済または財産の交付は更生手続中は、すべて管財人に対してしなければならない。右の者らは、右の債務を負担することまたは右の財産を所持することを昭和40年1月15日までに管財人に届け出なければならない。

1964/12/26
札幌地方裁判所民事第一部

1964年12月10日 (木)

ノーリツ産業(株)[札幌市]

ノーリツ産業、不振を融手に

〔札幌〕ストーブ・暖房器具類販売、ノーリツ産業(札幌市菊水西町13丁目)は昨年12月10日北陸銀行(苗穂)で不渡り、行詰った。

ここ数年は民間の暖房がガス、石油燃料に移行して石炭ストーブは押されがちとなり回収も不順傾向にあったため資金繰りに苦しみ、融手交換で業面をつないでいたところ、ついに行詰ったもの。

北海道版帝興情報
1965/02/08
http://www.tdb.co.jp/

1964年12月 7日 (月)

(株)内藤商店[北見市]

債権者に連鎖の恐れ

菓子卸、内藤商店(北見市北5条東3丁目9)は11月2日債権者会議を開いて破綻を表面化、その後意見調整に手間どり、同30日北海道拓殖銀行(北見)北海道銀行(北見)の2行で不渡りを出し12月7日には銀行取引停止処分を受けた。

先月21日の協議では内整理のうえ50%棚上げ案で営業続行を打ちだしたが月末に至って異論続出、白紙に戻されたため不渡りの発生をみた。

北海道版帝興情報
1964/12/17
http://www.tdb.co.jp/

1964年12月 5日 (土)

曙興業(株)[釧路市]

曙興業行詰る、代表は不明

〔釧路〕土木建築工事業、曙興業(釧路市若竹町3の15)は昨年12月5日釧路商工信組で不渡り、破綻を表面化した。

工事の過半が下請けのため収益率が低く、労務経費の膨張も災いして経営内容は悪化したのと昨夏の悪天による工事遅延、焦付き、高利借入れの金利負担など悪条件が重なり、資金面で詰まったもので銀行取引停止処分を受けている。

北海道版帝興情報
1965/01/28
http://www.tdb.co.jp/

1964年12月 4日 (金)

(株)前川組[長万部町]

前川組は設備過重から内整理

土木建築請負、前川組(山越郡長万部町147)は12月4日長万部信金で不渡り行詰りを表面化した。

今期は受注工事の遅れと回収不順にあい現状での維持は不可能となり先月末から債権者と善後策を図っていた矢先、不渡り事故から破綻を表面化したもの。

北海道版帝興情報
1964/12/28
http://www.tdb.co.jp/

1964年12月 3日 (木)

(有)共栄建設[帯広市]

共栄建設破綻、設備引揚げられる

建築工事業、共栄建設(帯広市西1条南19-8)は3日帯広信金(大通)で不渡り事故を起こし破綻した。

代表は計数面に疎い面があったのと昨年度からの繰越欠損金をかかえていたようで金繰りのため採算割れの無理な工事獲得もあって今期も赤字を計上、ついに最近面で行詰ったもの。

北海道版帝興情報
1964/12/10
http://www.tdb.co.jp/

1964年12月 1日 (火)

(株)牧羊社[札幌市]

牧羊社、新世乳業と融手連鎖

〔札幌〕冷菓販売、牧羊社(札幌市北5条西11丁目)はこのほど手形の決済資金に詰まり整理にはいった。

昨年は記録破りの冷夏に見舞われて業績不振から金繰りに苦しみ新世乳業と融手操作でしのいでいた。新世乳業が11月に倒産したため手形の決済が至難となり、破綻したもの。

北海道版帝興情報
1965/01/14
http://www.tdb.co.jp/

« 1964年11月 | トップページ | 1965年1月 »