« 1964年10月 | トップページ | 1964年12月 »

1964年11月

1964年11月30日 (月)

酪農製函(株)[札幌市]

酪農製函は受注減から

製函業、酪農製函(札幌市北1条東8丁目)は11月30日北海道拓殖銀行苗穂支店で不渡りして破綻した。

雪印乳業などの下請で木箱製造を始めたが近年は紙器製品の発達で受注が減少、ジリ貧の業況をたどり、本年は労使間の紛争も起きて業績は低下したうえ欠損が重なり、金融不安を招いて行詰った。

北海道版帝興情報
1964/12/28
http://www.tdb.co.jp/

日本サービス機材(株)[札幌市]

日本サービス機材、内整理か

電器販売、電気工事、日本サービス機材(札幌市南1条東6丁目)は11月30日北洋相互銀行で不渡り行詰りを表面化した。

自己資力の薄いことから回収の長期化により資金繰りの多忙が続き、経営面の放漫も手伝って赤字が累積、高利借入れによる自転車操業を余儀なくされたがついに行詰ったもの。

北海道版帝興情報
1964/12/28
http://www.tdb.co.jp/

内海建設(株)[札幌市]

内海建設、整理にはいる

土木建築請負、内海建設(札幌市北4条西11丁目)は11月末債権者会議を招集、行詰りを説明して整理にはいった。

過剰投資と採算割れ工事もあって本年9月ごろから資金繰りは窮迫、同月末には車輛の割賦手形の不渡り事故もあって動揺を表面化、その後金融不安を招いて破綻したもの。

北海道版帝興情報
1964/12/24
http://www.tdb.co.jp/

(株)協和[札幌市]

婦人服卸の協和が破綻

婦人服卸、協和(札幌市南2条東2丁目)は11月30日北海道銀行(中央支店)で手形を不渡りして破綻した。

当初から自己資本不足のため常時支払いサイト延長策で切り回すという綱渡り経営が続いていた。さらに資金操作に苦しんだあげく代表が原価割れの乱売を行なうなど放漫な点もみられ、ついに資金ショートして不渡り発生、銀行取引も停止された。

北海道版帝興情報
1964/12/14
http://www.tdb.co.jp/

トキワ商事(株)[帯広市]

トキワ商事、業績不振で解散へ

寝具類販売、トキワ商事(帯広市東1条南12丁目6)は11月30日帯広信金(東1条)で手形を不渡り行詰った。

十勝管内を中心に空知地方にも販売の手を広げたが冷害凶作のため業績は振るわず採算割れの業況が続き資金的に急迫した。役員間の内紛のもつれで代表が経営意欲を失い解散を決意しているもよう。

北海道版帝興情報
1964/12/10
http://www.tdb.co.jp/

興北重機(株)[札幌市]

興北重機は焦付きが響く

重車輛賃貸・修理、興北重機(札幌市琴似町琴似31)は11月30日北洋相互銀行(琴似)で手形6枚を不渡りして破綻を表面化した。

地方の中小業者の販売修理業務で回収不能となり今春来小口の焦付きが重なって資金が枯渇した。

北海道版帝興情報
1964/12/10
http://www.tdb.co.jp/

鼎重機開発(株)[手稲町]

鼎重機開発、業況不安定で

建設機械賃貸、鼎重機開発(札幌郡手稲町字東6の7)は11月30日北洋相互銀行(琴似)と北海道銀行(琴似)で手形8枚を不渡り、破綻した。

業歴が浅いだけにフル稼働に至らぬ時期もあって資金繰りで苦しみ得意先の支援で持ちこたえていた。休業期を迎えて去る10月31日手形を不渡りしたがこれは一応買戻し立直るかにみえたもののこのほどついに資金手当てが不能となり再度不渡り手形を出したもの。

北海道版帝興情報
1964/12/10
http://www.tdb.co.jp/

(株)長尾組[札幌市]

長尾組、回収不順が痛手に

土木建築請負、長尾組(札幌市北3条東3丁目福山ビル内)は11月30日北海道銀行(札幌北8条支店)で約手10枚を不渡りして行詰りを表面化した。

人件費、諸経費の高騰から手一杯の資金繰りも閑散期を迎えて苦しくなり、減少傾向の利益率から大幅な合理化計画も陽の目を見ぬうちに金詰りから破綻をみたもの。

北海道版帝興情報
1964/12/10
http://www.tdb.co.jp/

北海道帆布工業(株)[札幌市]

北海道帆布工業も

帆布加工、北海道帆布工業(札幌市南3条東2丁目)はさきに倒産した親会社の島口商店(同所)に連鎖して行詰った。

親会社が傍系の島口石炭と同時連鎖倒産したため、そのあおりから休業のやむなきに至ったもの。

北海道版帝興情報
1964/11/30
http://www.tdb.co.jp/

光真鉱業(株)[札幌市]

光真鉱業整理

石炭採掘・販売、光真鉱業(札幌市南7条西12丁目、鉱業所空知郡栗沢町字美流渡)はさきに倒産した島口石炭(札幌市豊平5条2丁目)に連鎖、その支援打切りから行詰り閉鎖した。

鉱区が先細りのため設備費を食い込み出炭ベースは落ちても月産1000トン確保が困難という悪循環を続けていたところへ今次得意先の倒産により資金的に全く行き詰まったもの。

北海道版帝興情報
1964/11/30
http://www.tdb.co.jp/

1964年11月28日 (土)

外海電機産業(株)[札幌市]

外海電機産業は資金枯渇

電気機械製作・電気製品卸、外海電機産業(札幌市南1条西10丁目尾崎ビル内)は11月28日北海道拓殖銀行(札幌西)で約束手形を不渡り、1日には取引停止処分を受けて破綻を表面化した。

今春従来からの各種配電盤、街路灯架線など特殊電気部門のほかに扱ってきた家庭電気部門を大口の焦付きがあったため廃止した。このため売上高は落ち、さらに資金繰りも不順傾向が強まり資金手当に窮していた。

北海道版帝興情報
1964/12/10
http://www.tdb.co.jp/

1964年11月25日 (水)

北央重機(株)[札幌市]

北央重機はジリ貧から

重車輛賃貸、北央重機(札幌市北3条東3丁目)は11月25日北海道銀行(札幌北8条)で手形を不渡りし破綻した。

同社は長尾組代表が出費して機械部門を独立する意図で昨年2月設立された。しかし引継ぎ車輛の買収価格問題から端を発した役員間のもつれから副社長が退社、独立して業面にマイナスとなり、業態が立直らないうちに資金的に行詰った。

北海道版帝興情報
1964/12/10
http://www.tdb.co.jp/

1964年11月19日 (木)

奥野歯科器材(株)[小樽市]

奥野歯科器材、放漫から破綻

歯科医療器具・材料販売、奥野歯科器材(小樽市稲穂町東7の7)は19日三菱銀行小樽支店で不渡り事故を起こし破綻した。

内情は高利借入れなどもあって融手による自転車操業を続けていたため赤字は雪だるま式に増大、このため支援も打切りとなって行詰りを表面化したもの。

北海道版帝興情報
1964/11/30
http://www.tdb.co.jp/

1964年11月18日 (水)

(有)鉄道物品販売商事[小樽市]

鉄道物品販売商事が整理

既製服・洋品卸、鉄道物品販売商事(小樽市山の上町66)は11月18日、北海道銀行(入舟)で手形を不渡りして破綻した。

月々の赤字がかさみ不足資金は高利に依存した。しかしその借入保証人が先行きを危ぶみ自ら在庫品、売掛金を差押えたため営業は停止のやむなきに至った。

北海道版帝興情報
1964/12/14
http://www.tdb.co.jp/

(株)小林組[足寄町]

小林組も代表不明で倒産

砂利採取・販売、土木工事、小林組(足寄郡足寄町東1区)は代表が11月18日、冬期工事の獲得運動をと称して出奔したため未完了工事を他に引継ぎ事実上倒産の状況に置かれている。

同社は本年1月の設立で日が浅いにもかかわらず漸次業況を拡大したが資力に比して業面を手張りすぎたきらいがあり無計画な設備投資とズサンな経理から金融筋の信用も薄く資金的に行詰ったもよう。

北海道版帝興情報
1964/12/07
http://www.tdb.co.jp/

(株)呉越[帯広市]

不動産の呉越、代表姿消す

不動産売買、呉越(帯広市西2条南10丁目かじのビル内)は代表が11月18日突如姿をくらましたため債権者から同27日買掛詐欺の疑いで告訴され、司直の手で行くえを捜索中であり行詰りを表面化している。

本業のほか穀物相場にも手を染めていたようで先物の思惑はずれなどもあって今春来、高利金融で業面をつないできたものの業績不振と放漫経営のため行詰り代表は逃げだしたものとみられている。

北海道版帝興情報
1964/12/07
http://www.tdb.co.jp/

(有)道東軽車輛[帯広市]

道東軽車輛は資金ショート

軽車輛販売・修理、道東軽車輛(帯広市西2条南5丁目9)は11月18日北洋相互(帯広)で手形を不渡り、同20日取引停止となって破綻した。

最近は主力の軽四輪車の販売、修理が車種の人気薄と小規模経営からジリ貧傾向をたどり高利金融などで急場をしのぐ自転車操業が続き、このほどついに資金ショートした。

北海道版帝興情報
1964/12/03
http://www.tdb.co.jp/

いとや商事(株)[小樽市]

いとや商事が破綻

毛糸・洋品雑貨卸、いとや商事(小樽市永井町2の22)は18日北海道銀行(入舟)で不渡り事故を起こし破綻した。

最近は主体の毛糸卸の受注が伸び悩み、業況のジリ貧をカバーするべく不動産への投資、その売買にも手を染めるなど苦境にあったもようで金融面でつまずいたものとみられる。

北海道版帝興情報
1964/11/26
http://www.tdb.co.jp/

1964年11月16日 (月)

(株)東文堂[旭川市]

更生手続開始(昭和39年(ミ)第3号)

(株)東文堂(旭川市大町2条4丁目)は11月16日、旭川地裁から更生手続開始決定を受けた。

更生債権、更生担保権および株式の届出期間は昭和39年12月25日まで、第1回関係人集会の期日は昭和39年12月18日午後1時(旭川商工会議所でひらく)、第1回関係人集会期日の会議の目的 管財人の調査報告・利害関係人の意見開陳。更生債権および更生担保権調査の期日は昭和40年1月29日午後1時(旭川商工会議所でひらく)。

更生会社の債務者は、その債権を更生会社に弁済してはならない。更生会社の財産の所持者は、その財産を更生会社に交付してはならない。更生会社の債務者および財産の所持者は、更生手続開始の決定公告の日から一月内に債務を負担すること又は財産を所持することを管財人に届け出なければならない。

1964/11/26
旭川地方裁判所民事部

1964年11月15日 (日)

白雪食品工業(株)[帯広市]

白雪食品工業は解散

凍豆腐・納豆・冷菓製造、販売、白雪食品工業(帯広市東2条南9丁目)は15日の緊急株主総会で解散決議を行ない整理に入った。

本年にはいって先細り商状を続け繰越欠損金さらに赤字を累積して行詰り、15日には北洋相互帯広支店で不渡り事故を起こして破綻を表面化した。

北海道版帝興情報
1964/11/30
http://www.tdb.co.jp/

1964年11月14日 (土)

(株)昭和宅地公社[札幌市]

昭和宅地公社も資力不足から

〔札幌〕不動産業、昭和宅地公社(札幌市南6条西11丁目)は昨年11月14日北洋相互銀行(山鼻)で不渡り行詰った。

自己資力不足から金融筋の融資も少なく高利金融や知己をたよるなど資金的に苦しみ行詰ったもの。

北海道版帝興情報
1965/01/28
http://www.tdb.co.jp/

山崎電気(株)[江別市]

破産宣告(昭和39年(フ)第5・6号)

山崎電気(株)(江別市7条6丁目7番地)は11月14日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉原正八郎弁護士(札幌市)。

債権届出期間は昭和39年12月2日まで、第1回の債権者集会の期日は昭和39年12月12日午前10時、債権調査の期日は昭和39年12月12日午前10時。

1964/11/24
札幌地方裁判所民事第一部

1964年11月 9日 (月)

日商機械(株)/(有)谷口組[帯広市]

日商機械と谷口組融手連鎖

林業機械・工具販売、日商機械(帯広市東2条南9丁目)と建築業、谷口組(帯広市西16条南5丁目)はお互いの融手の操作禍から11月上旬相次いで不渡り事故を起こし連鎖倒産した。

業態も無難に推移したが谷口組との間に相当額の融手関係があって同組が11月6日十勝信組で手形、小切手を不渡りして破綻したため同社も同9日に北海道銀行(帯広)で不渡り、連鎖したもの。

北海道版帝興情報
1964/12/03
http://www.tdb.co.jp/

« 1964年10月 | トップページ | 1964年12月 »