« 1964年9月 | トップページ | 1964年11月 »

1964年10月

1964年10月31日 (土)

日栄油機(株)[札幌市]

日栄油機、放漫経営が災い

機械工具・石油・家電販売、日栄油機(札幌市北3条東1丁目)は去る10月31日北洋相互銀行で不渡り手形を出し行詰りを表面化した。

得意先が弱小のうえ、放漫な経営が災いして最近中小会社に焦付きができて資金的に詰まっていた矢先メーカー側から特約店解除を受けて支手決済が不能となり破綻したもの。

北海道版帝興情報
1964/12/10
http://www.tdb.co.jp/

大雄建設(株)[札幌市]

大雄建設は整理

土木建築工事請負、大雄建設(札幌市南5条西25丁目135番地)は10月30日、31日拓殖銀行(円山)で支払手形を不渡り、11月4日取引停止処分となって破綻した。

旧債の返済と受注工事量の不足から毎期若干の赤字を計上、資金面が悪化していた。8月は労務者をほとんど遊ばせたことなどから資金繰りがつかなくなって不渡り事故を起こし行詰りを表面化させた。

北海道版帝興情報
1964/11/26
http://www.tdb.co.jp/

丸幸食品(株)[函館市]

資金難で破綻 凶漁にイカ高騰、販売も不調

珍味加工、丸幸食品(函館市北浜町57番地)は10月31日北海道相互函館支店で不渡りを演じ破綻した。

ことしは道南のイカ凶漁から原料費が高騰して仕入れ面が窮屈となり、資力が乏しく生産コストの上昇と悪条件が重なり支援もストップ、販売先からのクレーム、返品もあって行き詰まったもので去る2日には銀行取引も停止された。

北海道版帝興情報
1964/11/19
http://www.tdb.co.jp/

北海道ハム販売(有)[帯広市]

北海道ハム行詰る

畜産加工品製造、販売、北海道ハム販売(帯広市西10条南8丁目)は10月31日帯広信金で手形を不渡りし行詰りを表面化した。

有力な他社製品に押され気味で業績不振を続け、代表の個人資産を投入してこれまで持ちこたえてきた。しかし先月代表が急死したため関係筋の警戒気分も出て経営は極度に苦しくなり破綻したもの。

北海道版帝興情報
1964/11/12
http://www.tdb.co.jp/

1964年10月30日 (金)

三和土建(株)[奈井江町]

三和土建、大同不動産に連鎖

土木建築工事請負、三和土建(空知郡奈井江町奈井江207)は苫小牧市の大同不動産休業に連鎖して11月整理、解散した。

本年にはいって大同不動産が地目変更問題で動揺、さらに贈賄事件もあって司直の手入れから営業不能に陥ったため同社も8月以後約3カ月近く受注が止まり、11月中旬連鎖して休業した。

北海道版帝興情報
1964/12/24
http://www.tdb.co.jp/

丸産石油(株)[小樽市]

破産宣告(昭和39年(フ)第3号)

丸産石油(株)(小樽市色内町6丁目1番地)は10月30日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は舛谷富勝弁護士(小樽市)。

債権届出期間は昭和39年11月28日まで、第1回の債権者集会の期日は昭和39年11月28日午前10時、債権調査の期日は昭和39年12月17日午前10時。

1964/11/09
札幌地方裁判所小樽支部

1964年10月29日 (木)

日機工業(株)[札幌市]

回収不順から破綻 子会社日機電設へも連鎖か

電気機械器具・土木建築機械の販売修理、賃貸、日機工業(札幌市菊水北町5丁目24)は10月29日北陸銀行(札幌苗穂)で不渡り事故を起こし行詰りを表面化した。

工事部門を独立させたほか今春は厚別町小野幌に修理工場、倉庫を建設、これに貸金を投じるなど金銭面も多忙を極めていた。しかし得意先が中小土建業者と農業団体関係だけに回収不順に苦しみ、とくに農電工事ではその歩どまりが70%内外といわれ、この資金難が破綻の直接の原因と言われる。

北海道版帝興情報
1964/11/19
http://www.tdb.co.jp/

1964年10月25日 (日)

矢萩土建(株)[士別市]

矢萩土建破綻

土木建築請負、矢萩土建(士別市大通北8丁目32)は10月25日道銀(士別)で手形を不渡り、同30日取引停止を受けて破綻を表面化した。

今期初の公共工事を落札したが採算割れの施工と放漫経営から高利金融に依存したため行詰った。

北海道版帝興情報
1964/12/03
http://www.tdb.co.jp/

1964年10月23日 (金)

(株)井川工務店[北見市]

破産宣告(昭和39年(フ)第4号)

(株)井川工務店(北見市南仲町一五四番地)は10月23日、釧路地裁北見支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は中村義夫弁護士(北見市番場町一〇九番地)。

債権届出期間は昭和39年12月15日まで、第1回の債権者集会の期日は昭和39年11月12日午前10時、債権調査の期日は昭和39年11月12日午前10時。

1964/10/30
釧路地方裁判所北見支部

1964年10月20日 (火)

中外農機(株)[帯広市]

中外農機、高田式農研に連鎖

農機具類販売、中外農機(帯広市大通南11丁目20)は10月20日北洋相互銀行(帯広)で不渡り、破綻した。

9月に整理された高田式農具研究製作所(旭川)との間に融手操作があり、これに連鎖した。

北海道版帝興情報
1964/11/26
http://www.tdb.co.jp/

1964年10月15日 (木)

北成建設(株)[弟子屈町]

北成建設破綻、代表不明

建築工事請負、北成建設(川上郡弟子屈町42)は去る10月15日釧路信金(弟子屈)で不渡り事故を起こし破綻した。

代表が計数的に暗いうえ採算割れの工事を獲得するなど放漫な経営から毎期赤字を続けていたところ今期にはいり不況のあおりを受けて回収悪から行詰った。

北海道版帝興情報
1964/12/17
http://www.tdb.co.jp/

1964年10月 5日 (月)

(株)大栄興業[釧路市]

大栄興業、長雨にたたられ破綻

砂利・石材採取販売、大栄興業(釧路市大町7丁目1番地)は去る10月5日釧路信金(南)で不渡り事故を起こし、その後多額の欠損をかかえて動きがとれずついに行詰った。

7月からの長雨のため稼働率の低下、導入機械の操作不なれなどが重なり当初の目標の達成は無理となり、赤字経営を余儀なくされたうえ幹部のやり口はズサンで不渡り事故から破綻を表面化。

北海道版帝興情報
1964/12/24
http://www.tdb.co.jp/

« 1964年9月 | トップページ | 1964年11月 »