« 1960年6月 | トップページ | 1960年12月 »

1960年9月

1960年9月27日 (火)

(株)たじまや[札幌市]

会社整理開始(昭和35年(ヒ)第14号)

(株)たじまや(札幌市豊平1条1丁目1番地)は9月27日、札幌地裁から会社整理開始決定を受けた。

1960/09/27
札幌地方裁判所民事第一部

 
主 文
被申立人株式会社たじまやに対して、整理の開始を命ずる。

理 由
申立代理人は、主文と同じ趣旨の裁判を求めた。その理由の要旨は次の通りである。

申立人は、被申立会社の代表取締役であるが、被申立会社は、昭和二十五一年一月十一日設立され、鞄、袋、旅行用品、運動具および服装品類の販売を主たる目的とし、資本金百五十万円の株式会社であり、設立以来順調に発展していたところ、昭和二十八年八月三十日および昭和三十四年五月一日、いずれも近火の類焼により、それぞれ、店舗および倉庫を失つたことなどによつて損失を重ね、昭和三十五年六月末日現在で、資産合計約六千万円、負債合計約七千四百万円、差引合計約千三百万円の債務超過の状況にある。けれども、被申立会社の事業の維持更生のため債権者の協力を得る見込が十分あつて、その整理が可能であるから、本件申立をしたのである。

右の事実は、本件記録に添付してある各書類によつて一応認められる。そうしてみると、本件申立は理由があるものといえるから、商法第三百八十一条第一項、非訟事件手続法第百三十五条の三十一の規定に従つて、主文の通り決定する。

昭和三十五年九月二十九日
札幌地方裁判所民事第一部

1960年9月15日 (木)

朝日木材工業(株)[恵庭町]

更生手続開始(昭和35年(フ)第2号)

朝日木材工業(株)(千歳郡恵庭町大字漁村512番地)は9月15日、札幌地裁から更生手続開始決定を受けた。

更生債権、更生担保権および株式の届出期間は昭和35年10月25日まで、第1回関係人集会の期日は昭和35年11月14日午前10時(札幌地方裁判所会議室において)、更生債権および更生担保権調査の期日は右第1回関係人集会期日に同じ。

更生会社の債務者はその債務を更生会社に弁済してはならない。更生会社の財産を所持している者はその財産を更生会社に引渡してはならない。更生会社の債務者および更生会社の財産を所持している者はこの公告の日から一月以内に、債務を負担することまたは財産を所持することを管財人に届け出なければならない。更生会社に対する債務の弁済および財産の交付は更生手続中はすべて管財人に対してしなければならない。

1960/09/27
札幌地方裁判所民事第一部

« 1960年6月 | トップページ | 1960年12月 »